旅行・地域

2015年10月 7日 (水)

4日目以降、ジュネーブへ。そしてミュンヘンの旅

なんと帰ってきちゃいました。

旅行中に毎日更新していこうと張り切っていましたが、中盤から後半にかけて密度が高すぎて、睡眠時間が短い日は2時間というハードスケジュールだったため更新できず。
今日から仕事スタートで、時間はないんですが、とりあえず中途半端になるのも嫌なので、後半まとめて振り返ります。
 
ロンドンのイベントが終わって次の翌朝は6時起き。
アンソニーの待つジュネーブへ。
 
Img_4571
 
Img_4589
 
お泊まりさせてもらったアンソニーのお家。庭が広い!
 
Img_4588
 
ミュージシャンのアンソニーは、庭の片隅に自前のスタジオを完備。
いつもスカイプ越しにみる見慣れた風景だけに不思議な感じ。
 
Img_4607
 
時間がないのでアンソニーの車でさっそくジュネーブ名物の噴水へ。
 
Img_4632
 
これは海じゃなくて、レ・マン湖です。
 
Img_4638
 
そしてお次はジュネーブの旧市街。
 
Img_4747
 
そしてサン・ピエール大聖堂に登ると、ジュネーブの街並みが!
 
Img_4788
 
そしてまたまた車で移動。一度フランスに入って、この上の山へ。
 
Img_4856
 
山頂に登ると、スイスとフランスの国境が。
 
Img_4798
 
後ろにはアルプス山脈。モンブランも見えます。
すごい絶景。個人的には阿蘇山以来。
 
Img_4810
 
アンソニーにもらった帽子をかぶって、変なおじさんになった大介とアルプス山脈。
 
Img_4875
 
ハイジのブランコに興奮するアリサ。
 
Img_4900
 
そして最後はアンソニーが予約してくれていた旧市街にあるレストラン。
オーナーと(亡くなった)お父さんがお友達だったそうですが、超人気で予約なしでは入れない状態。
ジュネーブの郷土料理をごちそうになって、もう最高です。
でも、実を言うと、2時間睡眠でイギリスからスイスに来た僕たちの体力はもう限界、フラフラ。あー、体力を充填した状態で、ここの場所をもう一回やりなおしたい!
 
予定びっちりの後半戦はもうちょっと続きます。
朝の4時半起床で、ジュネーブの駅までアンソニーに送ってもらった我々は、
今度はセイショウとアンドレの待つドイツへ。
(セイショウとアンドレ、アンソニーなどの登場人物については過去ログをご参照ください。)
 
Img_4984
 
ものすごく期待していた電車の旅。景色は綺麗だったけど、割と単調?
きっとスイス電車の旅だったらもっと良かったのかも。
 
Img_5045
 
めっちゃ逆光になってしまいましたが、ハノーファーから来てくれたアンドレたちとミュンヘンに集合。
 
Img_1520
 
Img_5057
 
そしてオクトーバーフェストへ。
隣に座った人とカンパーイと言えば、国際交流の始まり。
 
とは言え、時間のない我々は、次の場所ミュンヘンの市街地へ。
 
Img_5088
 
そして今ミュンヘンに住んでいるセイショウと合流。
なんか、ここでみんなで会うのは不思議だねえといいながら、もう広島みたい。
 
Img_5134
 
ミュンヘン散歩。
セイショウの友達が川でサーフィンしてるというので、通りすがりに見物。
あとで聞くと、最近では有名な観光名所になりつつあるとか。
 
Img_5151
 
Img_5163
 
Img_5181
 
美術館とか行ったり、お茶したりして、夜になったので今度はセイショウが予約してくれた、これも中々予約のとれない人気レストランで美味しい食事。
イギリスは置いといて、ジュネーブもドイツも料理はたいそう美味しゅうございました。
 
Img_1622
 
誰もレストランの写真をちゃんととっていないという失態。
しょうがないので、唯一レストランの前あたりで撮った僕のお化け写真を。
 
Img_5219
 
ホテルでのサービスショット。
 
Img_5271
 
翌日は車移動で、ノイシュバンシュタイン城へ。
 
Img_5315
 
靴脱いで湖入ったり。もうはしゃぎまくりです。
 
Img_5349
 
しおれたモヒカンとお城。
アンドレは修学旅行のカメラマンみたい。
 
Img_5363
 
まるで絵画の中に入ったみたい。
 
Img_7293
 
Img_5521
 
なんと9日間、会社を閉めて出かけるという大冒険(会社的に)でしたが、実際は7日間。あっという間の7日でしたが、ここには書ききれないくらいの、出会いと刺激がありました。
独立して20年近く経って、やっと実現できた感じです。
まあ、これからがスタートだと思って(いつもですが)、仕事がんばります!
休みの間ご迷惑をおかけしました。
でも来年また行けるようにがんばります。
おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

ナショナル・トレイン・デー

5月8日アメリカの鉄道を祝うお祭り「NATIONAL TRAIN DAY」に参加するために、僕(カミガキ)とダイスケとミズ(お友達)の三人でアメリカに行ってきました〜。

出発。
いきなり成田でミズがパスポート紛失〜!!どうせバッグの中に入れとるんじゃろー。と本気にしてなかったが、どうもトイレに忘れたらしい。トイレに探しに行っても見つからないので、僕の心の中は「ミズ、残念だけどさようなら」。ダイスケがインフォメーションに問い合わせたら、「なんと預かってます」。スゴイ、成田からドラマが始まっている。

初日。
NYについたのが、夕方6時。アジアを出たことの無かった僕とダイスケは、見る物全てに外国だ〜。と興奮しまくり。チェックインしたらすぐ夜景を見に行こうと、エンパオアステートビルへ。いきなり見事な夜景に大感動。

Trainday00001_3


深夜のタイムズスクエア。三人で「楽しいね!楽しいね!」連呼。

Trainday00003_2


2日目が唯一の観光日。早起きしてマンハッタンの南から徒歩で北上してみる。

Trainday00005_2


カメラを向けるとオウム返しのようにカメラを取り出すダイスケ。

Trainday00004


おお!自由の女神。

Trainday00006_2

ウォール街を通ってチャイナタウン、リトルイタリーへ。アメリカは何でもでかい。ビルも人も建物も。楽しすぎる。この辺りで、三人のテンションはピークに。

Trainday00007_2


オープンカフェでランチ。輪ゴムのような激マズパスタ。
Trainday00008_2


ダイスケが飛び込み営業したいと言い始める。こええよう、こんなところで。こっちの静止を振り切りいきなりギャラリーに突っ込んでいったので放置して先へ。

Trainday000b_2


5時にTSSの取材でPenn Stationへ。名刺交換、めっちゃ日本式の挨拶をする。

Trainday00009_2


想像していたほど、トレインデーのビジュアルが出ていない。これじゃあ、いい絵が撮れないでしょ。

Trainday00010_2
Trainday00011_2


ガッツリ凹む。

Trainday00012_3

飛び込みから帰って来たダイスケ。後半戦散々だったらしく、こちらもガックシ。この時、移動の疲れも出て、テンション最低。

Trainday00013_2


気を使ってくれたミズの案内で夜の街へ。ムフフ。

Trainday00014_2


3日目。毎朝同じ朝食。アメ人が太るわけさ。

Trainday00015_2


はるばる来たぜ〜!ニューヨークタイムズビル。

Trainday00016_2

気がつけばダイスケがおじさん達の中に。

Trainday00017

タイムズのディレクター、アレム&レオ。アレムはアメリカのアートディレクターの中で10本指に入ると言う人もいるくらいのスゴイ奴。アレム「細かなディテールをどんどん追求してね。」

Trainday00018
Trainday00019_2


トレインデーのキックオフイベントとかぶってしまったので、ランチできず早々にPenn Stationへ。NYの有名パティシエが僕のイラストにインスパイアされて作ったというでっかいケーキ。夏にケーブルテレビの番組で放送されるらしい。

Trainday00020_3
Trainday00021


アーノルドのデビッドと話た後、今度はブルックリンへ。ブルックリン、静かですごく雰囲気いい。建物がレゴみたい。

Trainday00023_2


海外でも活躍なされているイラストレーターの木内達朗さんの紹介で、3×3マガジンのチャールズさんのオフィスへ。木内さんにはこの他にも、色々なアドバイスを頂いて本当に感謝しています。チャールズさんとこに、2時間ほどお邪魔。沢山のアドバイスや楽しい話。チャールズ「イラストレーターはカメラマンに比べて営業不足。もっともっとセルフプレゼンテーションしなければいけない。」

Trainday00024_2


再びNY。アップルストアでipad買って帰って自慢しようと思うが売り切れ。予約したが滞在中間に合わず。WiFiがつながったので、ひたすらツイッターする画。

Trainday00025
Trainday00026_2


夕飯をトップ・オブ・タワーという夜景の見えるレストランへ。タクシーの乗り方が気に入らないとか、しょうもないことでダイスケと険悪に。おまけに工事用の幕が貼ってあって、せっかくの夜景が。しかも汚い男三人。「まあまあ落ち着いて。」とミズ君。

Trainday00027_2


4日目。いよいよトレインデー当日。生えかけの坊主に、鉄火巻きが乗っかったようなモヒカン野郎といざワシントンへ。

Trainday00029

180の駅でイベントが行われる中、最大になるのがワシントンユニオンステーション。われらがアムトラックで3時間の移動。風景がスティーブン・キングの小説に出てくるところみたい。

Trainday00030_2

列車内の冊子。気分が盛り上がって来た。

Trainday00031_2

ユニオン駅到着〜!!アムトラック、アーノルドのスタッフと初対面。

Trainday00033_2

ビルとナタリー。ナタリー可愛い!

Trainday00032_2

ユニオン駅の中、僕らのイラストがもりもり。スゴイことになってる。しかもいろんな人が「このイラストは君たちが描いたのか?」と声をかけてくれる。ウルウル。

Trainday00034_2

Trainday00035_3

Trainday00036_2

Trainday00037_2

Trainday00038

Trainday00039_2

Trainday00043

Trainday00044

Trainday00046_2

ビルとシェリルにイベントをいろいろ案内してもらう。それからアムトラックのVIPルームへ。
ちなみにアムトラック警察という人達がいて、ピストル持ってるよ。イベントのスポークスマンであるモデルで俳優のタイ・ディグスと対面。ブーツがカッコいいね、何処で買えるの?とほめられる。このVISVIMのブーツの良さがわかるオマエもセンスいいじゃん、と言いたかったが、興奮していてセンキュー、センキューしか言えず。情けない。
Trainday00040_2

タイ・ディグスの横にサイン。20枚ほど。小学校の時に考えたサインを。スターになった気分。

Trainday00041_2

ジョール。僕らのイラストが気に入ってわざわざ会いに来てくれてた。

Trainday00042


その後、通訳の入江くん(ナイスガイ)に連れられて、ワシントン観光へ。

Trainday00047
Trainday00048
Trainday00049_2


夜になったらデトロイトにいる幼なじみのハジメがクルマで9時間半かけてやってきた。3歳からの付き合い。

Trainday00050_2

5日目。スミソニアン見て、再びNYへ。途中アムトラックが3時間ストップ。緊急車両に乗換えるトラブル発生。僕とダイスケも感情的なトラブル発生。

Trainday00055_2
Trainday00056_2

一応ホテルで仲直り。最後の夜は三人で帰りたくない〜とまたウルウル。でも疲れ果てた三人は眠りに落ちていく〜。眼鏡をかけたまま寝るミズ。

Trainday00051_2

おしまい。また行ってやるぜ。

Trainday00057

おまけ。

Trainday00053_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

満開。

0417_3

またまた家族ネタですが、
先週の日曜日、土師ダムへ花見に行ってきました。

この花見シーズンは、かなりの渋滞になるみたいで駐車場探しに苦労しましたが、待った甲斐あって桜はちょうど満開。
芝生や小川みたいなのがあり子供たちも大満足。(だと思う)

次のゴールデンウイークは、
岩国米軍基地のフレンドシップデーに行こうかと予定しています。
これまた人が多いだろうなああ。

(カワグチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)