« 服のコーディネート | トップページ | 外国人とデスクをシェアすること »

2019年6月15日 (土)

スチューデントローンのはなし

ポリーの一ヶ月のシェア期間が終わりました。
映画のコスチュームを作っている彼女が、
趣味と実益を兼ねて絵本を制作したいということで、
一ヶ月、インターンシップみたいな感じで、
デスクを提供してきましたが、
まあ、頭の良い女性でした。
 
例えば、僕らが知らない単語が出てきて、
それを教えてくれた後には、わざとなんども同じ単語を会話の中にいれて、
覚えさせようとしてくれたり、
僕が間違った文法を使ってると、
訂正してくれたり。

絵本制作もストーリーから見せ方まできちんと練られていて、
この一ヶ月で、自分に課したハードルを
クリアするんだと、
後半は、深夜までずっと集中を切らさずに作業する姿に、
こっちが刺激を受けておりました。
 
途中で知ったのですが、
勉強のレベルだけでいうと、
ハーバード大学に入れるくらいのレベルだったようです。

脱線しますが、
ハーバードの学費は一年で、500万円ほど、
他の私立大学でも400万円くらいはかかるらしく、
よほどの裕福な家庭でないと、
この金額を支払うのは大変です。
 
そこで多くの学生が、
スチューデントローンを組んでいます。
 
単純に全てをローンで借りると、
卒業した時に1800万の借金を背負ったまま、
社会に出ていくわけです。
 
当然返せない人が出てきます。
ポリーのお父さんは、このスチューデントローンの問題を
主に扱う弁護士らしく、
これは、第二のリーマンショックになると思うよ。
とポリーが言っておりました。
 
リーマンの時は、予測ができなかったので、
あそこまで広がったと聞いています。
この件を、student loan crisisで検索してみたら、
いろんなサイトでニュースにはなっているようです。
 
でも、怖いですね〜。
 
昨日マメが泊まりにきました。
ポリーと一緒に夕食へ。
 
やはりというか、
時々、マメに通訳になってもらって、
ポリーに英語でうまく聞けなかったことなんかを
聞いてもらいました。
 
僕の低い英語力では、
ほとんど上手く聞けなかったことが、
一気に解決して、
最後の最後にスッキリしました。
 


Unadjustednonraw_thumb_4fe0

 

カミガキ

|

« 服のコーディネート | トップページ | 外国人とデスクをシェアすること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服のコーディネート | トップページ | 外国人とデスクをシェアすること »