« NY出張から帰って | トップページ | 東京出張 »

2018年5月17日 (木)

NY出張 雑感つづき

移動手段。初めてUBERを使ったんですが、アプリが見やすくて使いやすい。日本語だし。(アプリ:今車がどこにいるか表示。GPSでだいたいあってる位置に来てくれる(調整可能)料金は目的地を入力した時点でわかる。カード決済で現金のやり取りがない。チップの金額はあとでアプリ上で選択)
ただ、選択肢として高級/大型車のUBER”X"しか選べなかった。これはエリアとかによるのかも。
それでもタクシーと同じくらいの金額。(待ち時間なども換算されるので、使用条件による)
ドライバーさんはどんな人が来るかはわかんないですが、今回僕たちはいい人ばかり。
空港から乗せてくれたムハンマドはアラビックBGMノリノリで楽しかったし、ブルックリンで乗せてくれたサンジーブは、身の上話が面白かったし、料金外で深夜にコーヒーが買えるとこ(結構遠く)まで行ってくれたり本当に親切だった。
でも現地のエリカのオススメはLyft。値段やサービスにそんなに差はないけど、運営会社の方針の好みとのこと。

マンハッタン内は「Citi bike」が楽でした。
ステーションで自転車を借りて移動してどこかのステーションに返却。

どこに何台あるかもアプリ上から確認できるし。あんなに楽なら1日(12ドル)じゃなくて3日間(24ドル)にしておけばよかったかも。でもハーレムでは止めるトコが見当たらず観光というより通り過ぎるだけ、になったのは僕のミスでした^^;

Ny201

ブルックリンを案内してくれたZ。ゾリャーナは呼びにくいのでZ(ジー)と呼ばれてるそう。
弟ユルコの会社経理と、NYでアーティストの個展のオーガナイズをしてるらしい。
といっても、(アメリカの永住権が得られる)グリーンカードが当選して、3年前にウクライナからブルックリンに越して来た時は全く英語が話せなかったそう。そこから6つ語学学校に通って、今は結構喋れる。すごいな〜!3年で!?(僕はいまだに簡単な会話しか。特にジョークがわからず ” ? “ という顔をしてると、相手に説明させてしまって…気まずい!)

Zいわく「27年前ソ連から独立するまでは、ソビエト連邦内で社会主義だったから、みんな同じ服、靴、食事で、チョコレートとかは年に2回くらいだった。でもそれはそれで幸せだったよ。 

“人"っていう意味では世界中誰もが同じようなものだと思う。特にクリエイターは。皆ラフだったり繊細だったり...どうやって展示しよう?とか、このクライアントは対応難しいね〜とか、ギャラが未払いで困る〜とか。同じように悩んだりしてるし。」

-とかいう話をマンハッタンの絶景の前で聞いてると、なんだか映画を1本見たような気分になりました。なんかすごい半生。
同じウクライナ出身で成功してるカメラマン サシャもすごいけど、ゾリャーナもすごいよ〜。いっぱい案内もしてくれてありがとう!

Ny202

わ、また長くなってしまった。授賞式のことを書こうと思ってたのに ^^;

(ダイスケ)

|

« NY出張から帰って | トップページ | 東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512357/66729480

この記事へのトラックバック一覧です: NY出張 雑感つづき:

« NY出張から帰って | トップページ | 東京出張 »