« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

うどん

本日は高松出張。
そして、高松といえばうどん!
出張のご褒美です。

地元でおいしいと評判の
手打十段うどんバカ一代へ。

ここは、釜バターが有名だそうなのですが、
気分的に普通のうどんにしようかなー、と思っていました。

人気店なので、長蛇の列。
列の前から順番におばちゃんが注文を聞いていきます。

私の前5人ぐらい、
釜バター、釜バター、釜バター・・・。
いよいよ私の番になり、つい言ってしまった、
釜バター。
違うのにするって言ってた私の後ろのカメラマンさんも、
釜バター。

もう釜バター祭りです。

食べている途中もどんどん列ができて、
どんどん出ていく釜バター。

釜バター、とてもおいしかったです。

180530

スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

屋外でBBQ

7a74ef0012a14ab7b6ab8cc3fa724c45_2 
 

ここのところNY〜東京〜トランクそしてBBQとイベントが続いています。

 
イラストを描かない日が続くと、
こんなにチャラチャラ遊んでていいのだろうか?
と少し不安になってしまいます。
 
こう書くと、
ストイックなのか?と思われるでしょうが、
ふと思えば、30歳くらいまでは、
スケートボード、スノーボード、バンドと、
時間のある限り、遊ぶことだけ考えて生きてきました。
サラリーマンデザイナー時代も、
自分の遊ぶことばかり考えて、
仕事ほどほどで、誰よりも先に帰る
悪い奴でした。
 
それが31歳で独立して、
少し気持ちが変わり、
40過ぎて、海外の仕事をするようになって、
イラストが中心の生活に変わり、
迷路探偵ピエールの制作がスタートしてから、
イラストが全てみたいな感じになってしまいました。
 
一度そういう生活グセがつくと、
ほんの少し遊んだだけでも、
罪悪感を感じます。
 
とはいえ、去年の夏からこの4月まで、
毎日イラストのことだけを考えて過ごしてきてどうなったか。
 
毎日ため息が止まらず、
自分でもどうしたのかな?と思っていました。 
 
それがNYから帰って来て以来、
ほとんどため息をついていないんです。
 
うーん、でもやっぱり、ここまで来たら、
ピエールの制作や他の絵本の制作の歩みは止めず、
またしばらくがんばって、
ため息が出て来たら、
どかーんと外国にでも遊びに行こう!
 
とりとめのないことを書きましたが、
 
Img_2329_2
 
2年ぶりのBBQパーティを
中央公園でやりました。
 
BBQのいいところは、
人数制限の必要がないので、
家族づれで気軽によれるところ。
あまり細かいことを気にしなくていいところ、
お金があまりかからないところですね。
 
悪いところは天候に左右されるところですが、
今年は天気も場所も良くて、コンディションは最高。
 
金曜の英会話メンバーを中心に行ったBBQ。
素敵な人たちがたくさん来てくださったんですが、
普段出不精で、引きこもり気味の我々、
全員と満遍なく話せなかったり、
愛想が振りまけなかったり、
もうちょっとシャキッとやれば良かったなという
後悔も多少はありますが、
やっぱり、アウトドアで何かやるのは楽しいですね。
 
えっ?俺前に行ったのに今回誘われてないんですけど、
と思われた方がいらっしゃいましたら、
すみません。
 
たまたま誘い忘れただけです。
 
もし気が向けば来年の5月あたりにまたします。
 
あ、来てくださったみなさん、
ありがとうございました。
 
カミガキ
 
Img_2313_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

広島エフエム Chunk! に出て来ました。

今日は久しぶりに広島エフエムへ。

ヒッキー先生とマッキーのChunk!に出演してまいりました。
 
ウンチク好きの僕は、
初めて Chunk! を聞いた時に、
この番組面白い!、ヒッキー先生すごい!と思ったもので、
そのうちマッキーに無理言って、食事の機会を作ってもらったりして、
個人的にもお付き合いができるようになってきてましたが、
ADC受賞もあって出演依頼が。
 
前回同様ダイスケを連れていくつもりだったんですが、
6月14日に昭文社より発売予定の絵本「Cities' TOKYO /作IC4DESIGN」の
紹介もさせてもらえるということで、
ここはバランスをとってスギと行くことに。
 
出発前、
スギはがっつりラジオに出るのは初めてなのに、
静かに淡々と仕事をしています。
 
えらく大人しいなと思っていたら、
少し緊張していたようで、
そう聞くと、なんか嬉しくなってしまう
僕は意地悪なのでした。
 
本番は、ぼくはいつもの調子で喋りすぎ。
 
スギもそつなくこなしてはいましたが、
そこはスギらしく、
マイクがオフになっている時の方が、
断然面白かったです。
 
広島エフエムのみなさま、ありがとうございました。
 
Dd9wruavqaeao_c
 
Chunk!の写真、勝手に使わせてもらいます。
 
 
かみがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

最高の事務所飯

続きを読む "最高の事務所飯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

ザ・トランクマーケット10 無事終了です。ありがとうございました。

金曜にものすごい雨が降っていたので、
地面は大丈夫なんだろうかとか、
モヤモヤさせてくれましたが、
なんとミラクルなくらい天候も回復。
 
S__22282266
 
僕たちは、東側の第二会場の端なので、
ステージイベントはほぼ見れませんでしたが、
スギはちゃっかりYO-KINGのステージの間、
姿を消しておりました。
 
Img_2239
 
Img_2235
 
Img_2236
 
相変わらず、おしゃれなテントがたくさんありましたが、
僕たちの役目は、どちらかというとお子様対応。
 
今回は、名古屋のギャレットさんに来てもらって、
ベアフットと合同でスタンプのワークショップを行いました。
 
もちろんTHE BULLPENのテントも隣同士仲良く出店。
 
Img_2240
 
Img_2263
 
今回もいろんな人とお会いできて、
楽しい時間を過ごすことができました。
ご来店いただいた方、ありがとうございました。
 
運良くお会いできなかった方や、
ゆっくりお話できなかった方々、
残念です。すみません。
 
古い友達と同窓会的に会える場所になっていたトランクですが、
最近は、東京のメーカーの人たちとも、
年に二回顔を合わせる場所にもなってきてて、
そういう意味でも楽しいトランクマーケットでした。
 
それからギャレットの皆様お疲れ様でした。
 
またお会いしましょう。
 
かみがき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

東京出張

昨日、一昨日と、スギと東京出張に行ってまいりました。

 
Img_2161
 
NYから帰って一週間も開けないうちに東京を歩き回ってきたので、
治りかかっていたマメもつぶれ、筋肉痛も復活してしまっています。
6月14日に昭文社より「Cities'TOKYO シティーズ トウキョウ」という、
児童書が発売されます。
本はもう完成しているので、最終的な確認とか、今後の横展開についての
打ち合わせがメインでしたが、
実のところ、久しぶりに顔を合わせて食事でも。
という感じでした。
 
Img_2165_3
 
今回は、出版事業本部があるのが江東区。
少し下町風ののんびりしたところで、
相撲部屋がたくさんあります。
 
Img_2172_2
 
元貴闘力さんのお店が近くにあり、
そこで焼肉をいただきました。
 
ぼくは仕事が終わって居酒屋で
夢を語り合うような東京ライフに
憧れているので、今回の焼肉屋さんは、
まさにコレコレ、と擬似東京ライフを満喫。
 
Img_2175_2
 
なんとご本人もいらっしゃいました。
 
翌日は午前中に銀座のデザイン会社にご挨拶とちょこっと打ち合わせしてから、
マメとお昼を約束していたので、代々木へ向かいます。 
 
Img_2191
 
代々木のカンボジア料理店へ。
ベネズエラ人とカンボジア料理を食べるという
不思議なランチ。
 
Img_2195_2
 
そして代々木ビレッジでコーヒータイム。
いろんな植物がたくさんあって、
個人的にイラストのアイデアにいい場所でした。
東京はいろいろ新しいものが生まれてますな。
 
Img_2209
 
そしてマメの会社へ。
そうなんです。
最近マメは友達と三人で会社を起こしたんです。
 
スタジオはほぼ外国人からなる三つの会社でシェアしているらしいのですが、
ぼくらがついた午後2時ごろはまだ誰もきていません。
 
マメ曰く、だいたい夕方前からみんなが出勤して、
朝方帰るのだとか。
 
若い。
 
実はシェアしている他の会社の人たちも、
僕とは顔見知りで、しばらくすると、ポツポツと懐かしい顔が。
 
やっぱり、旅先で人と会うのは楽しいですね。
 
そして、こういう国際的な人たちと話していると、
日本も変わってきてるなと思いました。
 
まあ、マメ自身を取り巻く環境も、
ここ数年で急変しているそうです。
もちろんいい方向へ。
 
なんだか彼らと話していると、
未来に対してのポジティブさを感じ、
そしてこういうエネルギーは、
僕らにも刺激を与えてくれます。
 
そして、すぐ明日の未来として、
袋町公園でザ・トランク・マーケット 10回目があります。
 
IC4は端の方でベアフットとブルペンと、ギャレットさんと一緒に
Tシャツやバッグにスタンプを押すワークショップします。
 
一応お店の手伝いしたり、うろうろしてますので、
お話ししましょう。
 
ではまた〜。
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

NY出張 雑感つづき

移動手段。初めてUBERを使ったんですが、アプリが見やすくて使いやすい。日本語だし。(アプリ:今車がどこにいるか表示。GPSでだいたいあってる位置に来てくれる(調整可能)料金は目的地を入力した時点でわかる。カード決済で現金のやり取りがない。チップの金額はあとでアプリ上で選択)
ただ、選択肢として高級/大型車のUBER”X"しか選べなかった。これはエリアとかによるのかも。
それでもタクシーと同じくらいの金額。(待ち時間なども換算されるので、使用条件による)
ドライバーさんはどんな人が来るかはわかんないですが、今回僕たちはいい人ばかり。
空港から乗せてくれたムハンマドはアラビックBGMノリノリで楽しかったし、ブルックリンで乗せてくれたサンジーブは、身の上話が面白かったし、料金外で深夜にコーヒーが買えるとこ(結構遠く)まで行ってくれたり本当に親切だった。
でも現地のエリカのオススメはLyft。値段やサービスにそんなに差はないけど、運営会社の方針の好みとのこと。

マンハッタン内は「Citi bike」が楽でした。
ステーションで自転車を借りて移動してどこかのステーションに返却。

どこに何台あるかもアプリ上から確認できるし。あんなに楽なら1日(12ドル)じゃなくて3日間(24ドル)にしておけばよかったかも。でもハーレムでは止めるトコが見当たらず観光というより通り過ぎるだけ、になったのは僕のミスでした^^;

Ny201

ブルックリンを案内してくれたZ。ゾリャーナは呼びにくいのでZ(ジー)と呼ばれてるそう。
弟ユルコの会社経理と、NYでアーティストの個展のオーガナイズをしてるらしい。
といっても、(アメリカの永住権が得られる)グリーンカードが当選して、3年前にウクライナからブルックリンに越して来た時は全く英語が話せなかったそう。そこから6つ語学学校に通って、今は結構喋れる。すごいな〜!3年で!?(僕はいまだに簡単な会話しか。特にジョークがわからず ” ? “ という顔をしてると、相手に説明させてしまって…気まずい!)

Zいわく「27年前ソ連から独立するまでは、ソビエト連邦内で社会主義だったから、みんな同じ服、靴、食事で、チョコレートとかは年に2回くらいだった。でもそれはそれで幸せだったよ。 

“人"っていう意味では世界中誰もが同じようなものだと思う。特にクリエイターは。皆ラフだったり繊細だったり...どうやって展示しよう?とか、このクライアントは対応難しいね〜とか、ギャラが未払いで困る〜とか。同じように悩んだりしてるし。」

-とかいう話をマンハッタンの絶景の前で聞いてると、なんだか映画を1本見たような気分になりました。なんかすごい半生。
同じウクライナ出身で成功してるカメラマン サシャもすごいけど、ゾリャーナもすごいよ〜。いっぱい案内もしてくれてありがとう!

Ny202

わ、また長くなってしまった。授賞式のことを書こうと思ってたのに ^^;

(ダイスケ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

NY出張から帰って

ADC授賞式出席のため、NY出張に行ってきました。

お世話になった皆さんありがとうございました。おかげさまでとても実りのある出張になりました。
(詳しい内容はすでに先日のblogにあがっている通りです)
まだちょっとぼーっとしています。時差ボケかな?と思ってたらアリサもぼーっとするとのこと。ちょっとエアコンをつけたら解決しました。今日は暑すぎたみたいです。

そういえばこの”NY出張”という言葉を言いたくて言いたくて!なにかと家でもしつこく使っていたら娘が覚えてしまって。それを幼稚園で言ってたらしく、「ききましたよ〜」と、嫁さんが幼稚園の先生から言われてちょっと恥ずかしかったりしました。
弾丸ツアー、と身構えていましたが、思い返すとバタバタというよりいい思い出しか残ってないです。
現地でたくさん人に会って話せたのが何より良かったです。

Mappuru

Gmap

旅行プランは「まっぷる」や「ことりっぷ」、アメリカ在住の藤井さん、最近までNYに住んでいたイラストレーターの館林愛さんから教えていただいた(ありがとうございました!)情報などを元にGoogle Map / マイマップにお店やルートを入力して、現地でスマホを確認しながら動く、という感じでした。(みるみる充電がなくなっていくのでモバイルバッテリーにつなぎっぱなしでした。)

あと偶然入ったお店が良かったり、急遽予定変更して行ったカミガキ念願のコニーアイランドの街並みが最高だったり、かなりラッキーも多かったと思います。

R0096381

コニーアイランド

R0096412

NYに到着してすぐ、今回の宿のオーナー、エリカがセントラルパークの案内をしてくれました。
あ、エリカについてはもうblogに書いてありますね。なので割愛...

Img_1385

さらに宿の場所が良かったです。セントラルパーク横、オノ・ヨーコも住んでるというダコタ・ハウスのそばで、嫁さんによると、「位置関係とか外観からみて、絶対”おさるのジョージ”の住んでるホテルだと思う!」とのことでした。画像を調べたら...うーん確かに。そうかもしれません。

Osaru

Hotel

わ、まだたいして書いてないかとおもったのに なんだか長くなっちゃったのでまた改めて。
文章拙くてスイマセン。
(ダイスケ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

事務所崩壊

オフィスが絶賛崩壊中です。

この10年間でいつの間にか
モノが溜まっていました。
 
そろそろこの大量のゴミを処分して
綺麗にしないとな。
と思っている今日この頃でございます。
 
Img_2159
Img_2158_2
 
ちなみに10年前のオフィスです。
ダイスケがテラスハウスのテツに見えます。
 
Img_8174
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

ツイッター

今まで、IC4DESIGNのツイッターの管理をダイスケとぼく(カミ)が

やっておりましたが、
結果、お知らせとリツイートばかりになってしまって、
おりましたが、
少し前から、デザインのスギにお願いして、
立て直してもらうことにしました。
 
手前味噌ですが、
なかなか気の利いたことを呟いてくれるので、
今までと違って、人間味のあるツイッターに生まれ変わって来ました。
 
さすがこういう時は、女性スタッフさまさまです。
 
今後はアリサも含めて4人共がツイートできるようにしようと
思っているのですが、
 
このツイッター、ダークホースがアリサでして、
アリサはうちが管理しているブランド「TIPS」の公式アカウントの管理者。
主にマスキングテープとカープネタ。
 
気分屋のアリサは、
ここ数ヶ月ほとんどツイートをしてなかったのに、
菊池ボトル発売に触発されてか、
最近またツイートを復活。
 
20180514_231142
 
いきなりこの「いいね」の数です。
実は裏でスギがネタを手伝ったりはしてますが。
 
それにしてもちょっと羨ましい。 
 
それでは、
 
一応、
 
失礼しました。
 
かみがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

広島です。土曜のオフィスはまったりです。

広島です。

お昼にひょこっと梵英心が寄ってくれました。
またアリサのいない時です。
 
Img_2117
 
前回お客さんが来ていてアメリカの土産話が聞けなかったので、
色々聞いてみました。
 
マイアミに二ヶ月。
周り全て外国人に囲まれた中、一人でホテルに行って、
ホテル代を交渉してロングステイしていたようです。
アメリカ話面白い。
 
お昼食べてなかったようで、
ダイスケと二人でゆずキッチンのお弁当、
美味しいねと言いながら、仲良く食べてました。
 
さて、今日は土曜ですが、
WASABIにIC4のレンジを見たいと言われたので、
せっせと作品集作りです。
 
まだNYの興奮はさめてませんが、
旅行最終日あたりから、ダイスケと二人、
ラーメン食いたい! というのが合言葉のように
なってましたので、夕飯はガッツリと尾道ラーメンのスペシャルセットで。
 
カミガキ
 
Img_2123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

NY 5日目、なんとびっくり、映画のような展開になってしまった。

R0096949

 
旅行の言い訳にしていたシルバーキューブと
コロンバスアベニューの朝です。
 
R0096992
 
今日は朝お土産を買うために、
LKP(ローレンスキング出版)のアレックスに教えてもらった
クッキーのお店へ。
 
R0097468
 
外側がカリカリで、二つに割ると中がドロリとしている、
肥満製造燃料のようなおやつです。
美味しいのですが、一つ食べると一食抜かないと
とんでも無いことになりそうです。
 
さて、われわれNY遠征隊、
4日目のカクテルパーティで知り合った男の人たちから、
「明日俺たちのスタジオに遊びにおいでよ」と
言われたことまで書きました。
 
そこでWasabiと名乗ったおじさんに
ダイスケが電話すると、午後1時においでよ。というので
大急ぎでランチしてLKGにプレゼント用の絵本をもらってから、
グーグルマップで住所を検索して向かいます。
 
Img_2035
 
タイムズスクエアの横を通ってブロードウェイへ。
この辺りは、NYの中でも一番人通りが多いところで、
オフィスビルが入っているような
ビルはほとんどありません。
 
どこかに裏通りでもあるのかなあ、
と思いつつマップを確認してみても。
住所のあるところではライオンキングが上演中の
巨大なビルがあるだけです。
約束の時間になってしまったので、
焦る僕たち。
 
まさかここじゃないだろうけど、とりあえず入り口を探してみよう。
 
いちおうここに1515という住所が書いてあります。
 
R0097081
 
でもここはVIACOMって書いてあるビル。
VIACOMってなんだ?
 
パソコンの会社か?
 
とりあえずここに入って聞いてみようと
恐る恐るエレベーターを登ってみる。
 
受付でダイスケが相手の名前を告げるとフムフム。
IDを見せてと言われてから写真を取られた後に、
このゲートを通ってエレベーターに乗って
31階に行きなさいと言われます。
 
Img_2037
 
なんかこのVIACOMのビル、天井高くってすごい迫力。
 
こんなところにWASABIのスタジオが?
半信半疑でエレベーターに乗っていると、
途中の階にMTVとかが入っていたりします。
 
Img_2038
 
31階のドアが開くと、WASABIがニコニコしながら立っています。
 
僕とダイスケは狐につままれたような気分。
ここに来るまでは、裏通りのどこかにあるような、
小さなスタジオで、5〜10人くらいのスタッフをイメージしていたので、
僕はそのギャップに驚いたのです。
 
VIACOMとはMTVやパラマウント映画、ケーブルテレビなどのチャンネルを
持つメディア・コングロマリット。
 
WASABIはそのグループの中にある
超有名な会社の副社長だったんです。
 
R0097060
 
WASABIが会社を案内してくれました。
 
R0097033
 
大好きなTMNTの巨大フィギュアが。
 
R0097035
 
フロアによってさまざまなグラフィックが描かれてます。
 
R0097052
 
充実した環境でスタッフが働いているのがわかります。
 
R0097040
 
次々と会社の重要スタッフに僕たちを紹介してくれます。
 
R0097051
 
そしてダイスケにはスポンジボブのライト。
 
R0097072
 
ぼくにはコレクタブルアイテムだという、
カードと本が入ったケースをくれました。
 
R0097089
 
NYに来たんだったらピザを食べようと、
制作のチーフであるクリスと一緒に近くのピザ屋さんへ。
 
君たちと何か新しいプロジェクトをしたいと思っているんだと
WASABIが言います。
 
いきなりですか?
昨日あっただけなんですけど。
 
相棒のクリスも、すでに僕らのサイトをチェックしてくれてて、
さっそく一緒にどんなことができるかWASABIに提案しています。
 
正直この先どうなるかはわかりませんが、
気のいいおっさんだと思って気軽に遊びに行ったら、
世界的にも有名なコンテンツ制作会社の副社長だったなんて。
まるで映画のような体験ができました。
 
最後に、なんでパーティで会っただけなのにこんなにしてくれるの?
と聞いたら、君らを見た時にピンと来たんだと言ってくれました。
 
持つべきものはモヒカンのスタッフか?
 
興奮冷めやらぬ僕らは
その後KINOKUNIYAへ。
 
R0097153
 
アレックスは紀伊国屋のことを「キニョ」と呼んでいました。
アメリカ人には発音が難しいのだとか。
 
R0097119_2
 
日本の本もたくさん置いてて、
店員さんもほとんどがアジア系。
 
Img_2046
 
LKPからジョンに会えという司令を受けていたので、
懸命に英語でコミュニケーションしましたが、
後から知ったんですが、僕の英語よりこの人の日本語の方が、
上手でした。
 
R0097142
 
ブライアントパーク。
カフェがたくさんあって、すごく素敵な公園です。
平和公園をこんなにすればいいのに。
 
R0097347
 
今回の旅行のトリはNYのカミガキ姉妹とのディナー。
 
Img_2084
 
超美人でした。
サマーとライラ・カミガキ。
日本にくればテレビタレントになれそうなくらいの容姿です。
 
Img_2094
 
ちなみに僕は、アンクル・ヒロと呼ばれています。
 
詳しく聞くと、彼女たちはグアムで育ったそうで、
お母さんのスーシェン(この前IC4に来た人)は、
今グアムに居るので、
グアムは行けばただで泊めてもらえるということでした。
カミガキネットワークがグアムにも広がりました。
 
R0097393
 
その後、反省会、いや感動を分かちあうために
自転車でダイナーへ。
 
R0097401
 
R0097410
 
ちょっと軽食を頼んだつもりがこのサイズ。
 
R0097438
 
そして5日目。
日本に帰りまーす。
まるで一生分のツキを使ったようなNY旅行でした。
どんなときも、行くか行かないか迷ったら必ず行くべし。
 
カミガキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

NY 4日目、ADC授賞式へ。打てばひびく。

4日目の朝を迎えました。
今日は一応今回の渡米の目的でもあるADCの授賞式の日。
少し自分の英語力を過信していた僕は、
あまりの会話の通じなさに、ここにきて少し凹んでいます。
なので、授賞式にもローレンスキングにも後ろ向きな気落ちでいっぱいです。
 
R0096675
 
一応スーツを来て街に出ると、
それなりにテンションが上がったので、
サラダランチを食べてからローレンスキングのNYオフィスに。
 
R0096728
 
R0096689
 
ここはオフィスをいくつかの出版社がシェアしているみたいな感じのところです。
担当者のアレックス。
話しやすい子でよかった。
 
R0096724
 
とりあえずサイン本のお仕事を済ませて、
近くのカフェへ。
 
R0096740  
 
台湾式のタピオカドリンクや、ふわふわかき氷を出してくれるお店でした。
これが台湾以上にと行ったら失礼ですが、
すごく美味しい。
100%オーガニックのNYアレンジなのよとアレックスが説明してくれましたが、
彼女はここを韓国式のカフェだと思ってたようです。
 
Img_1970_2
 
PR用の本を数冊もらってから、
授賞式へ出発です。
小さいけどNYにLKGのオフィスがあると、
味方がいるみたいで頼もしい。
 
Img_1978_2
 
授賞式の会場です。
 
R0096781
 
授賞式の前にカクテルパーティをやってます。
正直英語のできない日本人には溶け込むのがなかなか難しいです。
 
海外の賞を受賞してご褒美として授賞式に来てるなら、
それでもいいんですが、
僕らとしては、この先のアメリカ進出を考えて営業がてらやって来たので、
手ぶらじゃ帰れません。
とりあえず目立ってなんぼ、当たって行ってなんぼ。
特徴のあるメガネも作戦です。
 
20185770108
 
そうは言っても最初からネイティブに当たっていくのは
ハードル高いので、近くにいた中国人に話しかけてみます。
 
R0096771
 
仲良くなりました。
傍目に見ると怖そうですが、話しかけるとめちゃくちゃいい人たちです。
ハゲの人がスゴいデザイナーで、
浅葉先生とも友人なんだとか。
 
Img_1995_2
 
正直いうと、過去に仕事したことのある有名ディレクターとかが、
一人でもいるとニューヨーカーの輪の中に入りやすかったんですが、
残念ながら知り合いはゼロ。
 
こうなったら玉砕覚悟で切り込むしかないぜ。
 
そして我々はついに本隊へ。
マンハッタンにある映像会社の人たちです。
適当にイエーイと言って話しかけると、
何だか気に入ってくれたようで、お前たち明日スタジオに来ないかと言ってくれました。
さすがアメリカ。
打てば響きます。
 
R0096789
 
8時になるとパーティー会場から移動して
授賞式の会場へ。
 
R0096794
 
なんかみんな話がうまいので、
テレビに出る人みたい。というのが僕の印象でした。
 
R0096807
 
そしてイラストレーション部門になると、
ヒロシマのIC4DESIGN、ヒロ・カミガキというコールが。
 
R0096808
 
ここもカンフーポーズでアピールしておきました。
 
R0096812
 
誰だかわからないけど、隣にいた姉さんと一緒に撮ってしまいました。
 
今回は日本人の受賞者も凄く多くって、
中国人も日本のレベルは高いなあと驚いておりました。
それからここ数日ダイスケ以外の日本人と会っていなかったので、
本当は日本人に混ざりたかったのですが、
我々NY遠征隊には営業という任務があります。
ぐっと我慢。
 
Img_2017
 
これは授賞式の後のアフターバーティ。
なんかこの人は偉い人です。多分。
 
明日の予定も決まったし、そこそこでパーティーを切り上げて徒歩で帰宅。
 
R0096883
 
その途中で、いかにもアメリカというありきたりなダイナーがあったので、
ダイスケと映画「イコライザー」に出てくるダイナーみたいじゃね。と
入ってみました。
 
R0096905_2
 
よく見ると実は男前なんです。
 
R0096911
 
そして夜が更けていきます。
 
カミガキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NY 3日目は、ウクライナ人をウクライナ人に紹介する

R0096293

 
三日目の朝です。
なんとなく広島感inNY感を出したくて、
ザ・ブルペンのタンブラーを持って来ました。
これはカバンに入れても中身がこぼれないので、めちゃくちゃ便利です。
まだ大量に在庫がありますので、IC4DECKからどうぞ。
 
Img_1691
 
三日目は、ウクライナのスーパーデザイナー、ユルコの姉さん、
ゾリャーナがブルックリンを案内してくれると言うことだったんで、
ずっと行きたかったコニーアイランドをリクエスト。
朝の10時に現地集合の約束です。
 
ところが何を勘違いしたのか、
全然別の場所に行ってしまったゾリャーナ姉さん。
 
しょうがないので二人でルナパークを徘徊します。
 
R0096384
 
ここはアメリカで一番古いと言われる遊園地で、
今は寂れて人も少ないですが、
何度も僕のイラストのモチーフにして来た場所なので、
ちょっと特別感がありました。
 
Img_0030
 
せっかくここに来たのでNathan'sでホットドッグとハンバーガーを食べておこうと、
お腹に入れます。
 
R0096433
 
その後ビーチを歩いてみましたが、
天気も曇って、ますますノルタルジー。
 
二人のなかではこのコニーアイランドは、
最高クラスにいい場所でした。
 
R0096484
 
その後ブルックリンのおしゃれエリアで姉さんと合流。
 
R0096440 
 
ユルコのデザインしたお菓子をお土産にもらいました。
 
Img_0062
 
小腹が空いたのでなんか食べよう、と
入ったのがハンバーガーショップでした。
 
心の中で朝も食ったんだけどな・・・と思いながらも、
こちらのハンバーガーは、モダンで美味しい。
特にポテトが美味しかったなあ。
 
Img_0069
 
姉さんとブルックリンを歩き回りましたが、
さすが僕のことをわかってくれてて、
ノスタルジーを感じさせてくれる場所に連れて行ってくれます。
このメリーゴーラウンドは100年前の物を改修して今も使われているんだそうですよ。
 
Img_1873
 
そして!
僕にとってのニューヨークの風景といえば、
ここです。
この景色をみてピンと来た人、古いですね。
 
映画ワンスアポンナタイムのポスターになってる
あの景色です。
 
ここも個人的な思い入れがある場所だったので、
見れてラッキーでした。
 
Img_1838
 
DUMBOと言うところにも行ったんですが、
その中でこんなパズルが置いてありました。
マグネットでブルックリンを作っていきます。
 
これを広島に置き換えたら、今度仕事で提案できるな。
ウッシッシと心の中で思ったのです。
 
R0096574
 
ちょうど地下鉄の駅でデビット・ボウイの展示をやってまして、
これはインスタ映えスポット。
 
ゾリャーナ姉さんが張り切って色んなところを連れ回してくれるので、
後半になると疲れ果てて、最後また僕はスネてしまいました。
 
R0096589
 
初日の約束をすっぽかしてくれたウクライナ人カメラマンのサシャが、
自宅に来いというので、
1時間遅れでブルックリンにあるサシャの自宅へ。
 
Img_1922
 
NYでサクセスした男は家もすごいです。
本来の予定では、初日サシャで今日姉さんと会う予定。
こうなったらウクライナ人同士仲良くしてよと、
姉さんをサシャに紹介。
 
R0096656
 
何とサシャ、手つくりの料理で招待してくれました。
アメリカに来たらこれだろう。
とハンバーガーを作ってくれました。
 
Img_1923
 
これにて三食ハンバーガーでコンプリートです。
ちなみにサシャのバーガーがダントツで一番でしたよ。
もちろんこうなっては、僕もすっかりゴキゲン。
 
Img_1931 
 
せっかくだから屋上で食べようと、
このチョコレート工場を改装したおしゃれなアパートのテラスへ。
 
ホントにホントにホントに羨ましい。
 
こうして三日目もクタクタで終了です。
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

NY 2日目、カミガキスネる。


二日目は二人だけの観光デーだったので、
端折って行きますね。
 
R0095940
 
これが今借りてる部屋から見える朝の風景。 
 
R0095961
 
外に出るとさらにいい雰囲気。
さて昨日はエリカの話だけ書いたのですが、
実はこのアパート(日本で言うマンション)、
他にもここをシェアしてる人がおりまして、
エリカからはイージーゴーイングな人で、
仕事はブロードキャストがどうたらこうたら、
なんかインテリジェンスもある女性だと聞いていたので、
個人的に30代のヨガでもやってるような、
美しい女性を想像してワクワクしていました。
 
Img_1448
 
現在同居人のジョディです。確かに素敵な女性でした。
隣の部屋でいつもテレビをみてソファと同化しています。
ほぼタイにある寝釈迦仏と見分けがつきません。
 
Img_1447
 
エントランスが立派なので、貼っておきます。
 
R0096066
 
二日目は朝からお約束のスタテン島。
一応フェリーに乗っておこうよとって参りました。
 
R0096105
 
お昼はKAZ DELIと言う1800年代からあるレストランに行きました。
 
R0096108
 
大層美味しかったんですが、
ここで些細なことで僕が スネてしまい、
その後二人(特にダイスケ)は、陰鬱なムードでユニオンスクエアへ。
 
一言も会話のない中、重苦しい時間が過ぎて行きましたが、
その時突然、変なおじさんが目の前に現れて、
ヘイ、ガイズ、調子どうよ。と拳を付き合わせて来ました。
 
そう言われたので調子が悪いと言うわけにもいかず、
調子いいよと答えてしまった手前、
ダイスケとも調子よくやるしかなく、
結果、元どおりに楽しく観光を続けることになりました。
 
Img_1540_2
 
旅ではこんな不思議なこともあるんですね。
 
Img_1569 
 
その後、フラットアイアンビルやグランドセントラルなど、
ピエールのイラストの参考にした場所巡りをしまして、
 
夕方には自転車を借りてハーレムまで行って来ました。
 
R0096188_2
 
そして最後はロックフェラーセンターの上からの
夜景です。
 
R0096266
 
ここはクリスマスツリーが飾られる場所ですね。
 
はい。
 
Img_1953
 
結果徒歩26kmに加えて、
自転車で15kmと言う、
鉄人レース並みの観光を遂行したのでした。
 
カミガキ
 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

GWも終わりますが、ニューヨークに来ました。

時差ボケなのか、早く目が覚めてしまったので
ブログでも書くことにしました。
 
僕たちは、夜の軽作業時に
ながらで海外ドラマをよく見ます。
思ったんですが、ほとんどのドラマが、
主人公に問題(ストレス)を与えて、
主人公がその問題を解決して一区切り、という展開になっています。
そのストレスが大きいほど、問題解決した時の喜びが大きくなるんですが、
最近では、そのストレスをドラマから感じたくないという理由で、
コメディやゆるいドラマばかり見るようになってきました。
 
今回は少しそんな話です。
あれ?そうかな。
 
R0095955_2
(僕が撮影した写真中心になるので、ダイスケの出番が少し多いです。)
 
2回目のニューヨーク。
今回も羽田ー成田の乗り継ぎがあったんで、
家を出てから宿泊先のコロンバスアベニューまで
24時間もかかってしまいました。
 
特に行きのユナイテッドのエコノミー13時間空の旅は
しんどくって、椅子とお尻が一体化したような錯覚になり、 
次こそはエコノミーを卒業してやるんだと、
自信のない誓いを立てたりしています。
 
Img_1327_2
 
今回行けない二人に気を使う僕たちは、
宿もエコノミー。
友達の友達からコロンバスAve.の部屋を
格安で借りることができました。
 
さあ、この部屋を貸してくれるという女性(エリカ)が、
NYのファッション誌で編集長をしているという人で、
鍵を貸すときにコーヒーでも飲みましょうという約束。
 
ファッション誌の編集長とお茶するとか、
SEX AND THE CITYの世界に入るみたいで、
ドキドキしますが、何より
こんな経験したら、人に自慢できる!という
虚栄心でコトを勧めていました。 
が、実のところ
広島の土着民二人がそんなNYのど真ん中で
白人女性とコーヒーなんて・・・。
と多少の不安(ストレス)を感じておりました。
 
いざ会ってみると、編集長とは思えない気さくな女性で、
部屋の方も「日本人だったらここまで散らかってる部屋を人に貸さないよ」
と教えてあげたくなるくらいの雑さで、水道が壊れているというお約束付。
これはSEX AND THE CITYというより、
コメディの「アンブレイカブル・キミー」の匂いになって来たぞ。
 
ただ場所がすごい。
ここはセントラルパークのすぐそばで、
有名なダコタハウスからちょこっと入ったところ。
ダコタハウスには、まだオノ・ヨーコが住んでいるとか。
(半径200m以内で寝ていますよ。)
 
Img_1357
 
エリカに部屋を見せてもらった後は、
彼女のセントラルパークをお散歩。
 
Img_1364
(ここがレノンの死んだ場所?この向こうはストロベリーフィールドという場所でした。)
 
それからすっごい素敵なレストランがあったので、
みんなで入ってみました。
 
Img_1396
 
こんな場所で素敵な人と食事なんて最高です。
余談ですが、エリカのハグの密着度には、
土着民二人はちょっと興奮でした。
 
Img_1397_2
 
エリカと初対面するという緊張があったからか、
エコノミー13時間という苦行からの開放感か、
初日の幸せ感がハンパないです。
もう帰ってもいいんだけどな。
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

連休スタート

この4日間、全員一応お休みです。
休み開け、いろいろやり残していることがある気もしますが、
今は一旦考えずにいます。

カミガキ&松原は4日から9日までニューヨークです。
うらやましい!

アリサは、今一番忙しいので、鋭気を養う休日でしょうか。

私スギは、ひたすらに家の掃除をする予定でいますが、
理想の半分ぐらいしかできないだろうなと、
すでに挫折モードです。(やりたくないモードでもあります)

密かに、最近オープンしたばかりのアウトレットに
自転車で行ってみようかともくろんでいるのですが、
どうなるでしょうか?
自転車初心者の私としては、高低差が心配です。

というわけで、よい休日を!

スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

ゴールデンウィーク突入

みなさん、ゴールデンウィークに入りましたが、

連休を楽しんでますか?
 
ぼくは4日からNYに行くので、
その準備を楽しんでいます。
 
ちょうどイラストチームに仕事が立て込んでないもので、
そういう意味では、気兼ねなく行けるのですが、
帰ってきて仕事があるかどうかは心配です。
 
そんな感じなんで、
最近は時間の許す限り、
再来年発売予定(海外版)の迷路探偵ピエールを
制作中です。
 
次回はベネツィアをモデルにした街を舞台にした
よりファンタジー色の強いものになりそうです。
 
ただ・・・、こうして描きながらも、
これからのこの膨大な作業にぞっとしています。
 
20180501_233855  
 
先週から、本番用のラインを引き始めました。
 
こうしてグリッドをつくって、
そこに合わせて線を引いて行くんですが、
これだと、パースの狂いが少なくなってしまい、
手描き感が減ります。
グリッドありにすると、それだけ建物が正確に描けるので、
手描き感は落ちるけど、作業効率が上がる・・・ような気がします。
 
なので、本当はこのグリッドなしで、
作るのが僕の理想なんですが、
今回もグリッドを使ってしまいました。
 
ちなみに、迷路探偵ピエールの一作目、「うばわれた秘宝を探せ」
では、グリッドなしで、二作目「摩天楼の秘宝をまもれ」では、
グリッドありで制作してます。
 
もう本番の線を描いているにも関わらず、
これでいいのだろうか・・・?と
ずっと考えています。
 
あ、そうだ、
もうすぐ「お好み焼き ユキちゃん」とのコラボ Tシャツを
発売いたします。
 
多分ユキちゃんとうちのネットで販売します。
 
T
 
ガイコツが表で、OKONOMIYAKIが背中に入ります。
 
ムム、ピエールとは少しタッチが違うな、と感じたアナタ。
さすがです。 
そうです。この数年の間、数回ですが、
コツコツと新しいタッチを練習していたのです。
 
今まで、散々足し算のようなイラストを描き続けて来たので、
なかなか引き算できず、苦労していますが、
ピエールの手を止めて、罪悪感を感じながら、
新しいタッチを研究するのは、
受験勉強せずにラクガキするような気分で
なかなか乙です。
 
かみがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »