« 乗り物その1KLUNKER(クランカー) | トップページ | 自己紹介 »

2018年4月10日 (火)

乗り物その2 SR400 カスタム カフェレーサー

Img_1091

 
一応乗り物シリーズで書くつもりですが、
実のところ、ピエール鬱が進行中でして、
もうどうしたもんだか。
 
開き直って、日曜の朝くらい楽しいことをしようと、
仕事がらみの付き合い以外で外出してみても、
その間中、罪悪感がつきまとってきます。
 
20代まで、チャランポランに生きて来たのが
嘘のようにストイックです。
 
いやもしかしたら、ぼくはもともとストイックな人間だったのでは
ないかとまで思ってしまいます。
 
あ〜、早くピエールの三巻目をとっとと書き上げて、
どっかでピエールブームに火がついて、
はい、フィーバー、印税入って働き蜂の人生終了と
相成りたいものです。
 
Img_0920_2
 
さてさて、
いまだにこのブログに訪れる人の上位になっている
ぼくのバイク、過去記事

SR400 カスタム

が車検から帰って来ています。
デルスラーラHIROSHIMAさん、お世話になりました。
 
Img_1087
 
自慢のバイクですが、僕の年になると、
周りの人はハーレーとかの大きいやつに
乗ってたりするので、
中型免許しか持ってないぼくは、
いつか成功して大きなバイクも買ってやる!という思いつつ、
とりあえず、この美しさに満足です。
 
Img_0932_2
 
実はここ三年ほどカバーを被せたままに、
駐輪場に完全放置しておりました。
 
それもピエールの制作のことを考えると、
バイクに乗ってる暇はない!というか、
ピエールの制作に熱中していたので、
そんな気にならなかったというのが事実なのですが、
 
この冬ライダースジャケットばかり着ていた僕は、
この革ジャンを着てさっそうとバイクに跨りたいもんだなと、
重い腰をあげてバイクを車検に出したのでした。
 
数年ぶりにバイクカバーを取ってみると、
なんとピカピカだったバイクが、
随分と萎れてしまってました。
バイクって、乗らないとこんなに劣化するんだ。
とショックを受けた僕は、
秋までにはどこかにツーリングを行こうと心に決め、
その練習とバイクの維持のために、
二週間に一回くらいは、乗ることにしたのです。
乗れないときはあんなに乗りたいと思っていたのに、
いつでも乗れるとなると、
気分を盛り上げるのも一苦労。
 
まずはYOUTUBUでバイクの映像を見まくって、
気分を盛り上げてから・・・。
呉にいくつもりで朝から出かけたのですが。
30分くらい乗って体が冷えてきたところで、
気持ちは満足、
そのままUターンして帰宅。
やはり乗るよりいじったり眺めたりする方が好きみたいです。
 
バイクに乗ると多少モヤモヤも消えた気がします。
もちろん午後からはピエールの制作です。
 
ほんとうにツーリングに行ける日は来るのでしょうか?
 
引き続きサービスカットです。
 
Img_0935
 
前から見た所。
 
Img_0933
 
前回水道ホースがバレバレだったところも、
まともになりました。
 
Img_0929
 
今回は壊れていた小物入れを、
磁石で開閉できるようにしてもらいました。
これにはかなり満足です。
 
写真見てるとまた乗りたくなるんだけどな〜。
 
かみがき

|

« 乗り物その1KLUNKER(クランカー) | トップページ | 自己紹介 »

コメント

かっこいい!!!

投稿: Kちゃん | 2018年4月12日 (木) 12時31分

ありがとうございます!

投稿: カミガキ | 2018年4月13日 (金) 11時27分

いいですね~。
ロケットカウルいいっすわ~。
カフェスタイルでしたっけ、いっとき憧れてたな~。
ファンネルとかみるとキャブを思いだします。
オーリンズのリヤサスいいなぁ。
ホース類もぬかりなし。
小物入れいいなぁ。
あ~いいわぁ。
タンクいいなぁ。
いいなぁ、いいなぁ、いいなぁ。

投稿: Kちゃん | 2018年4月13日 (金) 18時56分

ありがとうございます。
Kちゃんさんはバイクのことお詳しいですね。
しばらく放置していたんで、タイヤもオーリンズも少しヘタり気味にはなって来てます。笑
いやあ、乗ってあげないといけないですね。

投稿: カミガキ | 2018年4月14日 (土) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512357/66593965

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り物その2 SR400 カスタム カフェレーサー:

« 乗り物その1KLUNKER(クランカー) | トップページ | 自己紹介 »