« いよいよ! | トップページ | 深夜のファッションショー »

2017年9月 8日 (金)

Google絵文字開発のストーリー。

絵文字開発のストーリーについて、WIREDで記事が公開されました。

"2013年からAndroid携帯やGoogle ハングアウトで使われてきた黄色いスライムのような絵文字。「Android Oreo」へのアップデートの一環として、その役目を終えるという。新旧の絵文字の開発の裏側に迫った。" -という内容です。 

"『ぽにょん』という日本語のコードネームをつけていました、グーグルのデザイナーであるサトエ・ハイルはいう。 日本のデザイン会社IC4DESIGNと協力して、黄色スライムのコンセプトづくりを進めた..."
-と記事にもあるように、黄色いスライムのような形のこのEmojiたちを僕たちは"ぽにょん君"という愛称で呼んで、ミーティングを何度も繰り返していました。(もちろんGoogle Hangoutで)

他にも感情表現、肌の色、ジェンダー から おばけ、宇宙人、お弁当 まで 1つ1つ、話し合いながらとてもとても大切に作り上げたのを思い出します。

最初 話が来たとき、それはもう嬉しくて、嬉しくて。
先駆者になって世界に出ていこう! と、モチベーションフルチャージでやっていました。
制作中も、完成後も、「こんなことやったよ〜」と早く公に言いたくてしょうがなかったんですが、なかなか難しい事情もあって、リニューアル後の今のタイミングになってしまいました。

ん〜〜懐かしい!  We miss Ponyon and other Emojis!

WIREDの記事はこちら:
https://wired.jp/2017/09/05/google-emoji-redesign/
https://www.wired.com/story/google-emoji-redesign/

Google_emoji

Hangoutemoji

20170906_91826

20170906_91640_2

(text 大介)





|

« いよいよ! | トップページ | 深夜のファッションショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512357/65766255

この記事へのトラックバック一覧です: Google絵文字開発のストーリー。:

« いよいよ! | トップページ | 深夜のファッションショー »