« 呉の佐世保バーガー | トップページ | 梅雨明け »

2017年7月18日 (火)

台湾のエキシビジョン

台湾国立藝術教育観という場所で行われる、

「巨大的投影0」という

エキシビジョンに参加します。

 

多分ですが、

僕らのスタイルに近い感じの、

街や建物を緻密に描くアーティストを

集めた展示になるんだろうと思います。

 

0711banner01

展期Date | 8/8 - 9/10

指導單位Adviser| 教育部  Ministry of Education

主辦單位Organizer| 國立台灣藝術教育館   National Taiwan Arts Education Center

地點Exhibition site | 臺北市南海路 47    No.47, Nanhai Road, Taipei City

策展單位Implementer| 水谷藝術   Waley art

策展人Curator| 楊雅翔   Ya-Siang Yang

參展藝術家Participating Artist (依筆畫數排序Sort by stokes)|
61ChiIC4 Design(日本Japan)Kim Hyung Gwan(韓國Korea)、Nacho Fc Monereo(西班牙Spain)Nuomiroya Bom (韓國Korea)Sujan Dangol(尼泊爾Nepal)WADASI、丁柏晏、王春子、田島大介(日本Japan) 、李御齊、社子島上河圖(Celia GonzálezGuillermo San VincenteJonna Idsäte、王思奇、余宗軒、洪新恩、康旻杰、曾仁威)、周明誼、林旺廷、林書楷、建築大叔(澳門Macao)、飛天豬(香港Hong Kong)、徐至宏、迷走工作坊、張致中、陳沛珛、黃九子、鋸子女孩、圖文不符、薛光成

 

なのでそれを口実に、

88日から半月ほど台湾に行ってきます。

 

今回はあっちに仕事をしにいくわけではないので、

自分の仕事をカフェや宿で進めながら、

久しぶりにのんびりした日々を過ごそうと企んでいます。

 

それからせっかくなので、

電車でも使って台湾一周も計画中。

 

これも今から楽しみで、

台中、高雄、花蓮あたりで一泊づつして帰ろうかなと。

 

あまり期待しすぎても、肩透かしに会いそうなのですが、

今は、この台湾旅行を充実させるために、

装備を購入したり、

パソコン、タブレットなどの台湾装備を一式バックパックに

入れて持ち運んだり、カフェで仕事してみたりしながら、

予行演習。

 

どうでもいいでしょうが、

長距離移動した場合に、

バックパックの荷物が重すぎるという課題が発生。

これ以上荷物は減らせないので、

ポーチを軽量化する必要があるかもしれないな。

でもこのポーチ、安物だけど、仕分けの能力が完璧で、

軽いポーチにすると、荷物がばらけてしまうし・・・。

と想像しながら、

軽量で高機能なポーチをインターネットで検索しています。

 

まあこの楽しみも88日までなんですけど。

それまでに仕事も片付けておかなきゃ。

かみがき

保存保存

|

« 呉の佐世保バーガー | トップページ | 梅雨明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512357/65551909

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のエキシビジョン:

« 呉の佐世保バーガー | トップページ | 梅雨明け »