« 宇宙兄弟 会社図書 | トップページ | 宇宙兄弟読みスギ »

2013年5月16日 (木)

日本の絵文字を世界へ

 

ついにこの日が来ました。

IC4DESIGN 久々のビッグニュースです。

もう当分、つか一生ないかも??

昨日、Google I/O 2013 基調講演でGoogleが新しいコミュニケーションツール Hangouts (ハングアウト)を発表しました。

Hangouts (ハングアウト)とは、

携帯(Android,iOS)PC(Google+, Gmail,Chrome)など、さまざまなプラットフォームで使え、ビデオ・音声・テキスト(絵文字+写真)を扱えます。全端末で同期されるので、どの端末からでも会話を継続することができます。

ようはグーグルの核となるコミュニケーションツールなんです。

なんとその中に、日本の文化である絵文字が搭載されており、その制作を僕らがやっています。

じゃーん。

Google2

グーグル+だけで4億人のユーザー、Andriodは9億台、Chromeユーザーは7億5000万人・・・。まあ、みんなが絵文字を使う訳ではないでしょうが、ハングアウトの利用者がどんどん増えて、世界中の人たちが僕らの絵文字をつかってくれたらと思うと、わくわくします。

という訳で、

Google I/O、アメリカ時間で午前9時、日本時間で深夜2時。

眠い目をこすりながら、中継を見ているはずだったのですが、

最近めっきり夜がだめになった僕は、ソファでぐうぐう。

寝ている間にダイスケがとってくれたスクリーンショットがこれ。

 

Google

 
本当はサンフランシスコに行ってみたかったのですが、貧乏暇なしな僕らは今日も仕事。

まだiphoneではこのemojiはうまく表示されてませんが、時間の問題かと。

さあ、みなさん。

ガンガンにハングアウトでコミュニケーションしましょう!!

さんきゅーグーグル!がんばれ絵文字!

 

アプリは既に『Gogole Playストア』、『App Store』、『Chrome Web Appstore』で公開されています。

メディア
http://techcrunch.com/2013/05/15/google-hangouts-messaging-app/
http://www.wired.com/gadgetlab/2013/05/hangouts-app/

|

« 宇宙兄弟 会社図書 | トップページ | 宇宙兄弟読みスギ »

コメント

'YELLOW HEART' (U+1F49B) が毛の生えたハート http://g.ssig33.com/743050bdcf1f30653d9e607a6da5f382 として表示されたりして、 iPhone などこの絵文字ではなく機種側の絵文字が表示される環境と Hangout する時に非常に困るんですが、どういう方針でこの絵文字作られているんでしょうか。

投稿: ssig33 | 2014年2月17日 (月) 15時30分

ご指摘ありがとうございます。
メールにてお返事をお送りします。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: daisuke | 2014年2月17日 (月) 15時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の絵文字を世界へ:

« 宇宙兄弟 会社図書 | トップページ | 宇宙兄弟読みスギ »