« 節分 | トップページ | ユルコからのプレゼント »

2012年2月 5日 (日)

リフレクションとレフネット

最近は、休日でも絵を描いてないと落ち着かないので、とりあえず事務所に出るという感じになってきました。
そんな僕の休日の息抜きは近所にあるリフレクションという洋服店です。
ここのオーナーのケンゴくんとは、僕の20歳のころからの遊び仲間でして、よく若い頃に「わしはイラストレーターになりたい。」「オレは洋服屋を持ちたい。」と夢を語り合っていたものですが、彼の場合もうお店いらんじゃろ、というくらいになってしまいました。
僕はまだまだ自分の理想には遠いですが、まあなんとか生きて行けるようにはなって来たので、もうひと頑張りですね。
あと、その仲間で美容師になったフジヤンも「おれはヘアサロンを持ちたい。」って言ってたんで書いておこ。(ステラヘア)

若い頃に夢を持つと、比較的それなりの形にはなるんだなという長い余談でしたがそろそろ本題です。

今日、リフレクションに行くと、なんだか奥の部分が、何屋かわからない感じになってました。
東屋の食器に、チボリオーディオだとかお香だとか、もう僕にはよくわからん世界になってきてます。
これらの商品はネットでも購入できるので、興味のある方はこちらのサイトをチェックしてみてください。

refnet.tv

うちもデザインや運営の裏方のところで、参加しています。
商品の販売だけでなく、広島のちょっと面白い話を取材して記事にしてたりします。
最近の記事は、「シャルロット・ペリアンと広島」というお題で、宮森洋一郎氏と遠藤吉生氏、東京からSIGNの溝口至亮氏の3名による対談です。
なんか高尚になりすぎて、僕にはついて行けませんが、杉はこの対談の進行をするということで、必死にペリアンのお勉強をしていましたが、果たしてその効果はあったんでしょうか?
あ、でも内容は杉の話ではないので、かなりボリュームのある力作になってるんじゃないかと思います。
ははは。

Img_0863

Img_0864

 

|

« 節分 | トップページ | ユルコからのプレゼント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リフレクションとレフネット:

« 節分 | トップページ | ユルコからのプレゼント »