« カイロプラティック | トップページ | イヤフォーン »

2008年6月 9日 (月)

植田ジャパン

男子バレー、北京オリンピック出場が決まりましたね。
家で見ていたのですが、泣きそうになりました。
子どもの頃からバレーをテレビで見るのが好きで、
まわりの友達がジャニーズ(光GENJIとか男闘呼組とか)に熱を上げる中、
私の下敷きの挟み込みは男子バレーの貴公子、川合俊一でした。

中垣内の世代ぐらいまでは熱心に見ていた記憶があるのですが、
それ以降、男子はすっかりご無沙汰が続き、選手の名前もよくわかりません。
今にして思えば、ちょうど、オリンピックから遠ざかっていた時期みたいです。
世間の関心って、ホントにそんなもんなんだな〜とつくづく思います。
その期間、バレー部に所属していた私ですらそうなんだし。
だから、オリンピックに16年ぶりに出場が決まったってことは、
すごく大きなことなんだと思って、ホントに良かったな〜と。

ちなみに、植田監督は現役時代、好きだった選手です。
今までの歴代監督は選手時代を知らない人がほとんどだったので、
ちょっとうれしいカンジがします。
でも、よ〜く考えてみると、星野監督や野村監督の現役はしらないけど、
原監督の現役は知ってるよ、みたいな、
私自身がそんな年になってきたのか、と思ったり。

そんなこんなで、男子バレーはよかったけど、私の家のテレビの画面では、
右上の選手の顔色はやっぱりおかしくて、北京に備えてテレビは必要か、
とまた踊らされそうになっています。

スギ

|

« カイロプラティック | トップページ | イヤフォーン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植田ジャパン:

« カイロプラティック | トップページ | イヤフォーン »