2018年5月24日 (木)

最高の事務所飯

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

ザ・トランクマーケット10 無事終了です。ありがとうございました。

金曜にものすごい雨が降っていたので、
地面は大丈夫なんだろうかとか、
モヤモヤさせてくれましたが、
なんとミラクルなくらい天候も回復。
 
S__22282266
 
僕たちは、東側の第二会場の端なので、
ステージイベントはほぼ見れませんでしたが、
スギはちゃっかりYO-KINGのステージの間、
姿を消しておりました。
 
Img_2239
 
Img_2235
 
Img_2236
 
相変わらず、おしゃれなテントがたくさんありましたが、
僕たちの役目は、どちらかというとお子様対応。
 
今回は、名古屋のギャレットさんに来てもらって、
ベアフットと合同でスタンプのワークショップを行いました。
 
もちろんTHE BULLPENのテントも隣同士仲良く出店。
 
Img_2240
 
Img_2263
 
今回もいろんな人とお会いできて、
楽しい時間を過ごすことができました。
ご来店いただいた方、ありがとうございました。
 
運良くお会いできなかった方や、
ゆっくりお話できなかった方々、
残念です。すみません。
 
古い友達と同窓会的に会える場所になっていたトランクですが、
最近は、東京のメーカーの人たちとも、
年に二回顔を合わせる場所にもなってきてて、
そういう意味でも楽しいトランクマーケットでした。
 
それからギャレットの皆様お疲れ様でした。
 
またお会いしましょう。
 
かみがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

東京出張

昨日、一昨日と、スギと東京出張に行ってまいりました。

 
Img_2161
 
NYから帰って一週間も開けないうちに東京を歩き回ってきたので、
治りかかっていたマメもつぶれ、筋肉痛も復活してしまっています。
6月14日に昭文社より「Cities'TOKYO シティーズ トウキョウ」という、
児童書が発売されます。
本はもう完成しているので、最終的な確認とか、今後の横展開についての
打ち合わせがメインでしたが、
実のところ、久しぶりに顔を合わせて食事でも。
という感じでした。
 
Img_2165_3
 
今回は、出版事業本部があるのが江東区。
少し下町風ののんびりしたところで、
相撲部屋がたくさんあります。
 
Img_2172_2
 
元貴闘力さんのお店が近くにあり、
そこで焼肉をいただきました。
 
ぼくは仕事が終わって居酒屋で
夢を語り合うような東京ライフに
憧れているので、今回の焼肉屋さんは、
まさにコレコレ、と擬似東京ライフを満喫。
 
Img_2175_2
 
なんとご本人もいらっしゃいました。
 
翌日は午前中に銀座のデザイン会社にご挨拶とちょこっと打ち合わせしてから、
マメとお昼を約束していたので、代々木へ向かいます。 
 
Img_2191
 
代々木のカンボジア料理店へ。
ベネズエラ人とカンボジア料理を食べるという
不思議なランチ。
 
Img_2195_2
 
そして代々木ビレッジでコーヒータイム。
いろんな植物がたくさんあって、
個人的にイラストのアイデアにいい場所でした。
東京はいろいろ新しいものが生まれてますな。
 
Img_2209
 
そしてマメの会社へ。
そうなんです。
最近マメは友達と三人で会社を起こしたんです。
 
スタジオはほぼ外国人からなる三つの会社でシェアしているらしいのですが、
ぼくらがついた午後2時ごろはまだ誰もきていません。
 
マメ曰く、だいたい夕方前からみんなが出勤して、
朝方帰るのだとか。
 
若い。
 
実はシェアしている他の会社の人たちも、
僕とは顔見知りで、しばらくすると、ポツポツと懐かしい顔が。
 
やっぱり、旅先で人と会うのは楽しいですね。
 
そして、こういう国際的な人たちと話していると、
日本も変わってきてるなと思いました。
 
まあ、マメ自身を取り巻く環境も、
ここ数年で急変しているそうです。
もちろんいい方向へ。
 
なんだか彼らと話していると、
未来に対してのポジティブさを感じ、
そしてこういうエネルギーは、
僕らにも刺激を与えてくれます。
 
そして、すぐ明日の未来として、
袋町公園でザ・トランク・マーケット 10回目があります。
 
IC4は端の方でベアフットとブルペンと、ギャレットさんと一緒に
Tシャツやバッグにスタンプを押すワークショップします。
 
一応お店の手伝いしたり、うろうろしてますので、
お話ししましょう。
 
ではまた〜。
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

NY出張 雑感つづき

移動手段。初めてUBERを使ったんですが、アプリが見やすくて使いやすい。日本語だし。(アプリ:今車がどこにいるか表示。GPSでだいたいあってる位置に来てくれる(調整可能)料金は目的地を入力した時点でわかる。カード決済で現金のやり取りがない。チップの金額はあとでアプリ上で選択)
ただ、選択肢として高級/大型車のUBER”X"しか選べなかった。これはエリアとかによるのかも。
それでもタクシーと同じくらいの金額。(待ち時間なども換算されるので、使用条件による)
ドライバーさんはどんな人が来るかはわかんないですが、今回僕たちはいい人ばかり。
空港から乗せてくれたムハンマドはアラビックBGMノリノリで楽しかったし、ブルックリンで乗せてくれたサンジーブは、身の上話が面白かったし、料金外で深夜にコーヒーが買えるとこ(結構遠く)まで行ってくれたり本当に親切だった。
でも現地のエリカのオススメはLyft。値段やサービスにそんなに差はないけど、運営会社の方針の好みとのこと。

マンハッタン内は「Citi bike」が楽でした。
ステーションで自転車を借りて移動してどこかのステーションに返却。

どこに何台あるかもアプリ上から確認できるし。あんなに楽なら1日(12ドル)じゃなくて3日間(24ドル)にしておけばよかったかも。でもハーレムでは止めるトコが見当たらず観光というより通り過ぎるだけ、になったのは僕のミスでした^^;

Ny201

ブルックリンを案内してくれたZ。ゾリャーナは呼びにくいのでZ(ジー)と呼ばれてるそう。
弟ユルコの会社経理と、NYでアーティストの個展のオーガナイズをしてるらしい。
といっても、(アメリカの永住権が得られる)グリーンカードが当選して、3年前にウクライナからブルックリンに越して来た時は全く英語が話せなかったそう。そこから6つ語学学校に通って、今は結構喋れる。すごいな〜!3年で!?(僕はいまだに簡単な会話しか。特にジョークがわからず ” ? “ という顔をしてると、相手に説明させてしまって…気まずい!)

Zいわく「27年前ソ連から独立するまでは、ソビエト連邦内で社会主義だったから、みんな同じ服、靴、食事で、チョコレートとかは年に2回くらいだった。でもそれはそれで幸せだったよ。 

“人"っていう意味では世界中誰もが同じようなものだと思う。特にクリエイターは。皆ラフだったり繊細だったり...どうやって展示しよう?とか、このクライアントは対応難しいね〜とか、ギャラが未払いで困る〜とか。同じように悩んだりしてるし。」

-とかいう話をマンハッタンの絶景の前で聞いてると、なんだか映画を1本見たような気分になりました。なんかすごい半生。
同じウクライナ出身で成功してるカメラマン サシャもすごいけど、ゾリャーナもすごいよ〜。いっぱい案内もしてくれてありがとう!

Ny202

わ、また長くなってしまった。授賞式のことを書こうと思ってたのに ^^;

(ダイスケ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

NY出張から帰って

ADC授賞式出席のため、NY出張に行ってきました。

お世話になった皆さんありがとうございました。おかげさまでとても実りのある出張になりました。
(詳しい内容はすでに先日のblogにあがっている通りです)
まだちょっとぼーっとしています。時差ボケかな?と思ってたらアリサもぼーっとするとのこと。ちょっとエアコンをつけたら解決しました。今日は暑すぎたみたいです。

そういえばこの”NY出張”という言葉を言いたくて言いたくて!なにかと家でもしつこく使っていたら娘が覚えてしまって。それを幼稚園で言ってたらしく、「ききましたよ〜」と、嫁さんが幼稚園の先生から言われてちょっと恥ずかしかったりしました。
弾丸ツアー、と身構えていましたが、思い返すとバタバタというよりいい思い出しか残ってないです。
現地でたくさん人に会って話せたのが何より良かったです。

Mappuru

Gmap

旅行プランは「まっぷる」や「ことりっぷ」、アメリカ在住の藤井さん、最近までNYに住んでいたイラストレーターの館林愛さんから教えていただいた(ありがとうございました!)情報などを元にGoogle Map / マイマップにお店やルートを入力して、現地でスマホを確認しながら動く、という感じでした。(みるみる充電がなくなっていくのでモバイルバッテリーにつなぎっぱなしでした。)

あと偶然入ったお店が良かったり、急遽予定変更して行ったカミガキ念願のコニーアイランドの街並みが最高だったり、かなりラッキーも多かったと思います。

R0096381

コニーアイランド

R0096412

NYに到着してすぐ、今回の宿のオーナー、エリカがセントラルパークの案内をしてくれました。
あ、エリカについてはもうblogに書いてありますね。なので割愛...

Img_1385

さらに宿の場所が良かったです。セントラルパーク横、オノ・ヨーコも住んでるというダコタ・ハウスのそばで、嫁さんによると、「位置関係とか外観からみて、絶対”おさるのジョージ”の住んでるホテルだと思う!」とのことでした。画像を調べたら...うーん確かに。そうかもしれません。

Osaru

Hotel

わ、まだたいして書いてないかとおもったのに なんだか長くなっちゃったのでまた改めて。
文章拙くてスイマセン。
(ダイスケ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

事務所崩壊

オフィスが絶賛崩壊中です。

この10年間でいつの間にか
モノが溜まっていました。
 
そろそろこの大量のゴミを処分して
綺麗にしないとな。
と思っている今日この頃でございます。
 
Img_2159
Img_2158_2
 
ちなみに10年前のオフィスです。
ダイスケがテラスハウスのテツに見えます。
 
Img_8174
 
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

ツイッター

今まで、IC4DESIGNのツイッターの管理をダイスケとぼく(カミ)が

やっておりましたが、
結果、お知らせとリツイートばかりになってしまって、
おりましたが、
少し前から、デザインのスギにお願いして、
立て直してもらうことにしました。
 
手前味噌ですが、
なかなか気の利いたことを呟いてくれるので、
今までと違って、人間味のあるツイッターに生まれ変わって来ました。
 
さすがこういう時は、女性スタッフさまさまです。
 
今後はアリサも含めて4人共がツイートできるようにしようと
思っているのですが、
 
このツイッター、ダークホースがアリサでして、
アリサはうちが管理しているブランド「TIPS」の公式アカウントの管理者。
主にマスキングテープとカープネタ。
 
気分屋のアリサは、
ここ数ヶ月ほとんどツイートをしてなかったのに、
菊池ボトル発売に触発されてか、
最近またツイートを復活。
 
20180514_231142
 
いきなりこの「いいね」の数です。
実は裏でスギがネタを手伝ったりはしてますが。
 
それにしてもちょっと羨ましい。 
 
それでは、
 
一応、
 
失礼しました。
 
かみがき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

広島です。土曜のオフィスはまったりです。

広島です。

お昼にひょこっと梵英心が寄ってくれました。
またアリサのいない時です。
 
Img_2117
 
前回お客さんが来ていてアメリカの土産話が聞けなかったので、
色々聞いてみました。
 
マイアミに二ヶ月。
周り全て外国人に囲まれた中、一人でホテルに行って、
ホテル代を交渉してロングステイしていたようです。
アメリカ話面白い。
 
お昼食べてなかったようで、
ダイスケと二人でゆずキッチンのお弁当、
美味しいねと言いながら、仲良く食べてました。
 
さて、今日は土曜ですが、
WASABIにIC4のレンジを見たいと言われたので、
せっせと作品集作りです。
 
まだNYの興奮はさめてませんが、
旅行最終日あたりから、ダイスケと二人、
ラーメン食いたい! というのが合言葉のように
なってましたので、夕飯はガッツリと尾道ラーメンのスペシャルセットで。
 
カミガキ
 
Img_2123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

NY 5日目、なんとびっくり、映画のような展開になってしまった。

R0096949

 
旅行の言い訳にしていたシルバーキューブと
コロンバスアベニューの朝です。
 
R0096992
 
今日は朝お土産を買うために、
LKP(ローレンスキング出版)のアレックスに教えてもらった
クッキーのお店へ。
 
R0097468
 
外側がカリカリで、二つに割ると中がドロリとしている、
肥満製造燃料のようなおやつです。
美味しいのですが、一つ食べると一食抜かないと
とんでも無いことになりそうです。
 
さて、われわれNY遠征隊、
4日目のカクテルパーティで知り合った男の人たちから、
「明日俺たちのスタジオに遊びにおいでよ」と
言われたことまで書きました。
 
そこでWasabiと名乗ったおじさんに
ダイスケが電話すると、午後1時においでよ。というので
大急ぎでランチしてLKGにプレゼント用の絵本をもらってから、
グーグルマップで住所を検索して向かいます。
 
Img_2035
 
タイムズスクエアの横を通ってブロードウェイへ。
この辺りは、NYの中でも一番人通りが多いところで、
オフィスビルが入っているような
ビルはほとんどありません。
 
どこかに裏通りでもあるのかなあ、
と思いつつマップを確認してみても。
住所のあるところではライオンキングが上演中の
巨大なビルがあるだけです。
約束の時間になってしまったので、
焦る僕たち。
 
まさかここじゃないだろうけど、とりあえず入り口を探してみよう。
 
いちおうここに1515という住所が書いてあります。
 
R0097081
 
でもここはVIACOMって書いてあるビル。
VIACOMってなんだ?
 
パソコンの会社か?
 
とりあえずここに入って聞いてみようと
恐る恐るエレベーターを登ってみる。
 
受付でダイスケが相手の名前を告げるとフムフム。
IDを見せてと言われてから写真を取られた後に、
このゲートを通ってエレベーターに乗って
31階に行きなさいと言われます。
 
Img_2037
 
なんかこのVIACOMのビル、天井高くってすごい迫力。
 
こんなところにWASABIのスタジオが?
半信半疑でエレベーターに乗っていると、
途中の階にMTVとかが入っていたりします。
 
Img_2038
 
31階のドアが開くと、WASABIがニコニコしながら立っています。
 
僕とダイスケは狐につままれたような気分。
ここに来るまでは、裏通りのどこかにあるような、
小さなスタジオで、5〜10人くらいのスタッフをイメージしていたので、
僕はそのギャップに驚いたのです。
 
VIACOMとはMTVやパラマウント映画、ケーブルテレビなどのチャンネルを
持つメディア・コングロマリット。
 
WASABIはそのグループの中にある
超有名な会社の副社長だったんです。
 
R0097060
 
WASABIが会社を案内してくれました。
 
R0097033
 
大好きなTMNTの巨大フィギュアが。
 
R0097035
 
フロアによってさまざまなグラフィックが描かれてます。
 
R0097052
 
充実した環境でスタッフが働いているのがわかります。
 
R0097040
 
次々と会社の重要スタッフに僕たちを紹介してくれます。
 
R0097051
 
そしてダイスケにはスポンジボブのライト。
 
R0097072
 
ぼくにはコレクタブルアイテムだという、
カードと本が入ったケースをくれました。
 
R0097089
 
NYに来たんだったらピザを食べようと、
制作のチーフであるクリスと一緒に近くのピザ屋さんへ。
 
君たちと何か新しいプロジェクトをしたいと思っているんだと
WASABIが言います。
 
いきなりですか?
昨日あっただけなんですけど。
 
相棒のクリスも、すでに僕らのサイトをチェックしてくれてて、
さっそく一緒にどんなことができるかWASABIに提案しています。
 
正直この先どうなるかはわかりませんが、
気のいいおっさんだと思って気軽に遊びに行ったら、
世界的にも有名なコンテンツ制作会社の副社長だったなんて。
まるで映画のような体験ができました。
 
最後に、なんでパーティで会っただけなのにこんなにしてくれるの?
と聞いたら、君らを見た時にピンと来たんだと言ってくれました。
 
持つべきものはモヒカンのスタッフか?
 
興奮冷めやらぬ僕らは
その後KINOKUNIYAへ。
 
R0097153
 
アレックスは紀伊国屋のことを「キニョ」と呼んでいました。
アメリカ人には発音が難しいのだとか。
 
R0097119_2
 
日本の本もたくさん置いてて、
店員さんもほとんどがアジア系。
 
Img_2046
 
LKPからジョンに会えという司令を受けていたので、
懸命に英語でコミュニケーションしましたが、
後から知ったんですが、僕の英語よりこの人の日本語の方が、
上手でした。
 
R0097142
 
ブライアントパーク。
カフェがたくさんあって、すごく素敵な公園です。
平和公園をこんなにすればいいのに。
 
R0097347
 
今回の旅行のトリはNYのカミガキ姉妹とのディナー。
 
Img_2084
 
超美人でした。
サマーとライラ・カミガキ。
日本にくればテレビタレントになれそうなくらいの容姿です。
 
Img_2094
 
ちなみに僕は、アンクル・ヒロと呼ばれています。
 
詳しく聞くと、彼女たちはグアムで育ったそうで、
お母さんのスーシェン(この前IC4に来た人)は、
今グアムに居るので、
グアムは行けばただで泊めてもらえるということでした。
カミガキネットワークがグアムにも広がりました。
 
R0097393
 
その後、反省会、いや感動を分かちあうために
自転車でダイナーへ。
 
R0097401
 
R0097410
 
ちょっと軽食を頼んだつもりがこのサイズ。
 
R0097438
 
そして5日目。
日本に帰りまーす。
まるで一生分のツキを使ったようなNY旅行でした。
どんなときも、行くか行かないか迷ったら必ず行くべし。
 
カミガキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

NY 4日目、ADC授賞式へ。打てばひびく。

4日目の朝を迎えました。
今日は一応今回の渡米の目的でもあるADCの授賞式の日。
少し自分の英語力を過信していた僕は、
あまりの会話の通じなさに、ここにきて少し凹んでいます。
なので、授賞式にもローレンスキングにも後ろ向きな気落ちでいっぱいです。
 
R0096675
 
一応スーツを来て街に出ると、
それなりにテンションが上がったので、
サラダランチを食べてからローレンスキングのNYオフィスに。
 
R0096728
 
R0096689
 
ここはオフィスをいくつかの出版社がシェアしているみたいな感じのところです。
担当者のアレックス。
話しやすい子でよかった。
 
R0096724
 
とりあえずサイン本のお仕事を済ませて、
近くのカフェへ。
 
R0096740  
 
台湾式のタピオカドリンクや、ふわふわかき氷を出してくれるお店でした。
これが台湾以上にと行ったら失礼ですが、
すごく美味しい。
100%オーガニックのNYアレンジなのよとアレックスが説明してくれましたが、
彼女はここを韓国式のカフェだと思ってたようです。
 
Img_1970_2
 
PR用の本を数冊もらってから、
授賞式へ出発です。
小さいけどNYにLKGのオフィスがあると、
味方がいるみたいで頼もしい。
 
Img_1978_2
 
授賞式の会場です。
 
R0096781
 
授賞式の前にカクテルパーティをやってます。
正直英語のできない日本人には溶け込むのがなかなか難しいです。
 
海外の賞を受賞してご褒美として授賞式に来てるなら、
それでもいいんですが、
僕らとしては、この先のアメリカ進出を考えて営業がてらやって来たので、
手ぶらじゃ帰れません。
とりあえず目立ってなんぼ、当たって行ってなんぼ。
特徴のあるメガネも作戦です。
 
20185770108
 
そうは言っても最初からネイティブに当たっていくのは
ハードル高いので、近くにいた中国人に話しかけてみます。
 
R0096771
 
仲良くなりました。
傍目に見ると怖そうですが、話しかけるとめちゃくちゃいい人たちです。
ハゲの人がスゴいデザイナーで、
浅葉先生とも友人なんだとか。
 
Img_1995_2
 
正直いうと、過去に仕事したことのある有名ディレクターとかが、
一人でもいるとニューヨーカーの輪の中に入りやすかったんですが、
残念ながら知り合いはゼロ。
 
こうなったら玉砕覚悟で切り込むしかないぜ。
 
そして我々はついに本隊へ。
マンハッタンにある映像会社の人たちです。
適当にイエーイと言って話しかけると、
何だか気に入ってくれたようで、お前たち明日スタジオに来ないかと言ってくれました。
さすがアメリカ。
打てば響きます。
 
R0096789
 
8時になるとパーティー会場から移動して
授賞式の会場へ。
 
R0096794
 
なんかみんな話がうまいので、
テレビに出る人みたい。というのが僕の印象でした。
 
R0096807
 
そしてイラストレーション部門になると、
ヒロシマのIC4DESIGN、ヒロ・カミガキというコールが。
 
R0096808
 
ここもカンフーポーズでアピールしておきました。
 
R0096812
 
誰だかわからないけど、隣にいた姉さんと一緒に撮ってしまいました。
 
今回は日本人の受賞者も凄く多くって、
中国人も日本のレベルは高いなあと驚いておりました。
それからここ数日ダイスケ以外の日本人と会っていなかったので、
本当は日本人に混ざりたかったのですが、
我々NY遠征隊には営業という任務があります。
ぐっと我慢。
 
Img_2017
 
これは授賞式の後のアフターバーティ。
なんかこの人は偉い人です。多分。
 
明日の予定も決まったし、そこそこでパーティーを切り上げて徒歩で帰宅。
 
R0096883
 
その途中で、いかにもアメリカというありきたりなダイナーがあったので、
ダイスケと映画「イコライザー」に出てくるダイナーみたいじゃね。と
入ってみました。
 
R0096905_2
 
よく見ると実は男前なんです。
 
R0096911
 
そして夜が更けていきます。
 
カミガキ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«NY 3日目は、ウクライナ人をウクライナ人に紹介する