2016年8月27日 (土)

がんばってる!カープ

ついにマジックも点灯して、このところ、周りがザワついています。
我が社でも、カープ優勝準備関連のお仕事もチラホラと・・・。
洋服屋さんで働く友達も優勝セールの準備が・・・と言ってたっけ。
風が吹くと桶屋が儲かるじゃないですが、
ちょっとそんな感じがあります。とっても良いことです。

そして、ここに来てようやく、
戸惑いつつも「優勝」の2文字を口にしはじめた広島の人々。
少しでも選手にプレッシャーや負担をかけまいと、
この2文字をぐっと飲み込んでいた方々が本当にたくさんいて、
広島の街そのものが、なんだかかわいく思えてきます。

今日の中日戦も今のところ勝ってますね〜。
ここまでくると、というか、ここまで来ただけでもう欲は言いませんが、
あえて言うと、マツダスタジアムでXデーを迎えてほしいです。
長〜く応援してきた、広島の人たちのために!

160827
↑先月仕事で作成した福井選手のうちわ。
このうちわみたいな笑顔が見られてよかったです、ホントに。

スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

WILD BUNCH FEST 2016 その3

もう金曜日です。明日はワイルドバンチ!ってワクワクしてた日から
もう1週間もたってしまいました。光陰矢の如し!
というわけで、続きです。

1日目終わって、宿泊先はANAクラウンプラザホテル宇部。
実は、宿はチケット発売前、5月ぐらいからおさえてありました。
去年はチケット取ってから動いたのですがどこも予約でいっぱいで、
結局防府市まで行かねばならず、万が一、と思い早めに動いてみたものの、
5月時点で結構どこもいっぱい。

出身が山口市の私としては、ビジネスホテルも多く、会場から車で15分程度の
新山口駅周辺の5,000円程度のホテルがベストだと思ってはいたのですが、
ちょっと出足が遅かったようです。山口なのに、恐るべしワイルドバンチ。

そんなこんなでほとんど土地勘のない、宇部市の中心部にあるホテルへ。
到着してみると、これが結構立派なホテルで。さすが、地方と言えどANA!
1泊7,000円ぐらいとちょっと高めではあるものの、部屋も立派で朝食付き。
そしてまたこの朝食がイイ!というより最高!
バイキングスタイルで、卵料理だけで4種類ぐらいあるし、
お味噌汁のトッピングになめこがあったり、今流行のグリーンスムージーがあったり、
コーヒーは部屋に持ち帰れるように紙コップが用意してあったり、
とにかくちょっと気がきいている。
会場で汗だくになりながら長い列にならぶより、ここでお腹を満たしておこう!
と、食べる、食べる。
腹もいっぱいになったし、目当てのアーティストは12時ぐらいからだし、
体力充電満タンで午前10時にのんびりとホテルを後にしたのでした。

1608264

こうして、再び炎天下のきらら博記念公園にやってきた私たち。
この日はKEYTALKからスタート。
カラオケでもよく歌うし、ワイルドバンチも常連のKEYTALKですが、
見るのは初めてで、なかなかに盛り上がる。周りを見渡すと、わ、若い!
そしてみんなモンスターダンスの踊りを完璧にこなしている!
楽しそう! でも私は40歳。スタートで体力を激しく消耗するわけにはいかんのです。
なので、踊る若者を楽しそうに見守る、という戦法に。

KEYTALKの後は、しばらくのんびり鑑賞をしようと、
メインステージではない方のステージに移動して、2日目のみ参戦の松原家と合流。
さすが子連れ。なかなかいい木陰を陣取っていらっしゃる。
快適な陣地にお邪魔して、クーラーボックスの中でキンキンに冷えた
カロリーメイトゼリーをいただく。
松原大介はぼんやり君ですが、そのぶん気がききまくる嫁・ミッコ。
2年連続でチケットを忘れてやって来た真相は、追求するまい!

1608262

ピクニックにやって来たのかと勘違いするぐらい快適な時間を過ごしていると、
いよいよSuchmosの登場。社内満場一致で楽しみにしていたバンドで、
趣味も違うので、バラバラに行動していた全員がここで初集合。
Suchmos、最高に暑かったけど、良かった。歌もうまいし、なんせ、
ボーカルのYONCEがカッコいい。そして、Suchimosの赤いタオルの集団が
カープ女子に見えたのは私だけではないはずだ!

それから、CZECHO NO REPUBLICを軽めに見て(結構良かった)
またまたメインステージへと移動。
砂浜経由は直線距離で近いけど、砂漠の民のような気分になるし、
意外と砂に足をとられて体力を消耗することを前日に学び、地道に移動。

1608261

メインステージ後方でまったりと、エレファントカシマシ、マンウィズを鑑賞。
狼は、すごい人! 今回の最大の目玉だったんじゃないかな〜と思います。
ちなみに前日までは、まったり見たいバンドは、
シートエリアの影になっている場所で鑑賞していた私たちですが、
ステージのあるフィールドの上は、前の方まで行くと人の熱気で暑く、熱くなりますが、
座れるぐらいの後ろの方は、日向でも意外と涼しいことに気が付きました。
オール芝生で照り返しがなく、砂埃も立たないのが、
このフェスのいいところの1つだな、と思います。

そして、次はいよいよMONOEYES。かっこ良かった〜。なんか感動した〜。
そして、細見武士が43歳なことに驚いた〜。先輩じゃないか! がんばっておられる!

さらに、KANA-BOON。去年なんかちょっとイマイチと感じたKANA-BOON。
日も落ちて、夜になる寸前の一番いい時間帯の今年、
KANA-BOOMのステージも熱く盛り上がる。
去年はもしかしたらKANA-BOONの問題ではなく、
自分のHPの問題だったのかもしれません。

1608263

そして、大取りのSimは帰りの準備にとりかかりながら遠巻きに鑑賞。
超巨大なサークルができて、突進していく人人人。
あの中にカミガキがきっといる、と思ったら、案の定、
若者たちに混ざって大はしゃぎしておられました。
隣の若者と肩をくんだり、モッシュしたり、
肩を貸してあげてクラウドサーフのお手伝いをしたりしているそうです。
ちなみに、今年50歳になりました。

こうしてフィナーレを迎えた私たちのワイルドバンチフェス2016。
あ〜、夏が終わったな、という気持ちです。

ちなみに、帰りに晩ご飯を食べて帰ろうと、カミガキに
「山口出身の心意気を見せてくれや!」とロックバンドのボーカルばりに言われ、
みなさんを超昭和のドライブイン、長沢ガーデンへご案内しようと行ってみたところ、
なんと閉店ガラガラ。時間も遅かったので、レストラン外にある
今どき珍しい自動販売機の生うどん300円を食べ、帰路に就いたのでした。。。

というわけで、また来年!

スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

WILD BUNCH FEST 2016 その2

昨日の続きです。

赤い公園のステージから、私たちのワイルドバンチがスタート!
楽しみにしていたバンドの1つで、カラオケでもよく歌います。
初めての生赤い公園、なかなか良かったです。
ボーカルの佐藤千秋、やっぱりなんか好きだな〜。

そして再び、灼熱の砂の上を歩く砂漠の民と化し、
Blue Encountの待つメインステージへがんばって移動。
がんばったかいあって、感動!感動!
めっちゃ熱いお方ですな〜。涙が出そうだった。

私の青春時代は90年代中頃。その頃はいわゆる渋谷系音楽が全盛で、
ちょっと気だるかったり、すかしてたりするのがかっこいい、
という流れがあったように感じているのですが、
最近のバンドはみんな熱い! 夢も語るし、励ましてもくれる。
海外志向だって強い。今どきの若者は・・・なんて言うけど、
こういう音楽に共感する熱さがあるんだな〜って、興味がわいてきます。

ちなみに、モッシュ上等のカミガキは、
この時点で私とありさとは別行動をとっていました。
ガンガンに攻めまくっているんだろうと想像しておりましたが、
その想像はハズレでもあり、アタリでもあり。
テンションマックスで前の方に飛び込んで行ったは良いものの、
最近ずっとひたすらに、クーラーガンガンの室内で絵本を描き続けていたため、
体力不足により足がもつれて途中退場を余儀なくされ、
Blue Encount後半は端っこに体育座りでうつむいていたようです。
お気の毒に・・・。

1608241

次は連続でRIP SLYME。私はあまり詳しくはないのですが、
ありさはバッチリRIP SLYME世代。
なんだかんだで私も知っている曲ばかりで、ひたすらに楽しく、
思わず踊りたくなってしまうあたり、さすがだな〜と。安定の盛り上がりでした。

この時点で14時30分ごろ。太陽はさらに強烈な輝きを放ち、
さすがにそろそろ休憩をと、2時間近く、ステージ外の木陰の叢でお昼寝タイム。
ちょっとチクチクの草の上に寝転がると、一面、青! 青!
体を起こせば目の前には海の青! 青!
このひとときもまた、フェスの醍醐味。
今年も来て良かったな〜と感じるのも、意外とこんな瞬間だったりします。

1608242

さて、体力が回復したところで、メインステージでクロマニヨンズをまったり見学。
リンダリンダを初めて聞いて小学生ながらびっくりこいたあの時から、
あまり変わらない甲本ヒロトを改めてすごいな〜と思い、
思わずその場で年齢調べたら、53歳で、またびっくりしながら、
私、やせなきゃ・・・と立ち尽くす気持ちのよい夕暮れでした。

ちなみに、私、「クロマニヨンズ」と言う言葉にたどり着く前に、
ブルーハーツ・・・じゃなかった、アレ、アレ、あ、ハイロウズ! あれ?あ、違った・・・
となってしまいます。

さぁ、KEN YOKOYMAを休憩しながら見つつ、
いよいよ1日目のフィナーレ、10-FEETへ!
10-FEETは本当に取りにふさわしい! みんな大声で熱唱しています。
隣の人が熱唱してて、お前の歌を聞きにきたんじゃねぇ!
って思っても、このフェスの間は広い心で大目に見てやらねぇか、って
ボーカルのタクマが言っておりました。
この人、私の今回のフェスの結婚したい人ランキング第一位に輝きました。

そして花火もあがり、1日目も無事終了。
ホテルも宇部市内におさえてあったので、そう慌てることもない、と
まったりと会場を後に・・・と、ここで、なぬ!? ピ、ピカチュウがおるではないか!!
どうやらこの会場、知る人ぞ知る、ピカチュウの聖地っぽい。
普段あまりお目にかからないモンスターたちを捕獲しながら、
駐車場へ着き、さぁ、ホテルへ! と思ったところで、
車が盛大に列を成し、一向に前に進まない・・・。

汗もダクダクで、お腹もすいてきた。イライライライライライライライラ・・・
がしかし、そこで10-FEETタクマの言葉を思い出す。

たのしいフェス、イライラのハードルを高〜くして、楽しもうぜ!

あ〜、なんて私はちっぽけな人間なのでしょう。
落ち着いてみて見ると、車の合流地点でも、
ちゃんと秩序を持って、交互に入り、入った人は会釈やハザードでお礼を忘れず・・・。
今どきの若い子たちは、ルールもちゃんと守ってフェスを楽しんでる。
こういう時に、ルール違反や暴言吐くのは
意外と私たち世代やそれより上の人だったりするのかな・・・なんて思ったり。

そんなこんなで結局駐車場を出たのは1時間後となりました。

またまた長くなったので、続きは後日・・・

1608243

スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

WILD BUNCH FEST 2016

ワイルドバンチフェスの終了とともに、私の夏も終わりを告げ、
かすかな余韻となかなか抜けない疲労感を引きずりながら、
現実世界と格闘中のスギです。

さて、2016年ワイルドバンチ、今年も最高でした。

1608231_2

午前7時過ぎに車にて広島を出発。
あー、今思い出しても、出演バンドの音楽をかけながら、
いざ!山口へ! ちょっとその前に宮島SAでコーヒー買って・・・
のあたりのワクワク感はたまらないものがあります。

会場についたのはだいたい9時30分ぐらい。
今年は会場駐車場に入る渋滞も去年に比べればスムーズだったし、
入場ゲート前でぐにゃぐにゃと列をなすこともなく、
オペレーションも洗練されてきた感がありました。

会場に入場すると、グッズを買わない私たちは、そのままメインステージへ。
ここで大切なのが場所取り。
メインステージをぐるりと囲むようにシートエリアがあるのですが、
ほぼ日向です。主には荷物置き場なので、
なるべく出入りがしやすく、できれば夕暮れぐらいからは
座ってステージが見渡せるポジションがベスト。

がしかし、今年は心無しか人も多く、
ドリンク販売のブース裏、ステージは見えないものの
若干木陰になっている場所をゲット。

さぁ、いよいよ、最初のお目当て、赤い公園のステージへ移動開始!
というと、いかにも元気いっぱい、ステージへダッシュ!
みたいな感じで書いていますが、
実際のところ、この日の山口は最高気温37℃の灼熱地獄。
会場は海辺なので、風はそれなりに吹くものの、
風を打ち消す勢いで太陽ギラギラ。

赤い公園のステージはメインステージから一番離れた場所で徒歩10分程度。
ちょっとでも近道を・・・と途中砂浜を通って直線距離を歩いてみたのですが、
まるで砂漠をさまよう流浪の民のような気分に・・・。

いよいよ始まる!の高揚感とは裏腹に、
日頃クーラーの効いた室内でほぼ一日をすごすデザイナー40歳、
自分のもやしっ子ぶりを痛感させられるスタートとなりました。。。

長くなったので、明日へ続きます。

1608232

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ご近所さんの正体

昨日のblogにもありましたが、僕(+嫁さん+娘)もワイルドバンチに参戦してきました。

IC4の他のみんなは土日2日ですが、僕たち松原家は日曜の1日だけの参加。

先日(ワイルドバンチの会場)きらら浜 近く(自転車で行ける距離)に実家が引っ越したため、前日の土曜は実家泊まり。

その夜、「どうもご近所さんにロック好きがいるらしい、音(漏れ)がすごい」 との事で散歩がてら音の出所をたどっていくと…

...ワイルドバンチでした。

思ったより会場が近い。サーチライトも花火もちょっと見えました。

Wbf1_2

Wbf_2

ちなみに、今日から一週間、穴吹デザイン専門学校から新たに2人の生徒さんがインターンシップに来てます。
前回は女の子2人でしたが、今回は男の子2人。みなさんよろしくお願いします。

親御さんの年齢を聞いたら結構近くて、ちょっとショックでした…。
いつもそうですが、意欲あふれる素直なヤングパワーみたいなものに勝手に刺激を受けてます。僕も頑張ろう。

TEXT大介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

ワイルドバンチ2日目

やった!さっそくピカチュウゲット!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

ワイルドバンチ中

灼熱のワイルドバンチフェス1日目。
今やっと日が暮れて涼しくなってきて
10FEETを待ってます。

ちなみにこの会場、ピカチュウがいるみたいです。
明日の2日目は絶対捕まえて広島帰るんだ!
願いは叶うって、ブルーエンカウントも言ってた笑




スギ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LK社の担当者から、

催促のメールが送られてくる中、
明日から二日間山口市で行われる、
ワイルドバンチロックフェスティバルに行ってきます。
 
そんなこんなで、
今日は大して書くこともないので、
ネットで見つけたピエールのかっこいい写真を。
 
Img_7076
 
このオシャレな本棚・・・。
 
Img_5058
 
ピエールがディスプレイしてあります。
 
Img_5048
 
この女の子の読んでいる絵本も、
ピエールです。
 
こんな動画作ってくれてる人もいます。
再生回数16回なので、
みなさん見てあげてください。
 
 
by カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ブログを恥ずかしいと思う時

ブログを書いていて一番恥ずかしいのが、

家族(妻子親兄弟)に読まれることである。
 
こっそりノートに書いていたポエムを
友達に読まれるくらい恥ずかしい。
 
ブログを始めて10年近く経つし、
家族なので読むこともあるだろう。
でも、そっとしておいて欲しいのです。
 
わざわざ、
「グリちゃんはどう?」とか
「点々描いとるんじゃろ。」とか、
 
もうそんなマニアックな会話は、
必要ありません。
 
黙って見守ってください。
 
Img_7074
 
お盆に親族でランチ。
 
母のテーブルを見るとランチョンマットで、
巨大な折り鶴が作られていた。
 
血は濃いようです。
カミガキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

勝手に妄想オリンピック

熱戦続くリオデジャネイロオリンピック。
応援しながらいろんなことを考えるのもまた、楽しみのひとつ。
というわけで、せんえつながら、私の妄想を発表します。

まず、結婚したい選手第1位は、、、
競泳の松田丈志選手!
ダントツです。優しくて頼りになりそう。
理想のプロポーズは、デートの後に
杉さん手ぶらで帰すわけにはいかないだろ、
と指輪を出す、です。

次に、我が子にしたい選手第1位は、、、
体操の白井健三選手!
ちょっとお世話したくなるけど、しっかりもしてる自慢の息子になります。
オリンピックから帰ってきたら、
お母さん、リオでもらった歯ブラシ立て使う?って言ってほしい。

その他もいろいろあります。

弟にしたいのはテニスの錦織圭選手。
海外に応援に行けそうだから。

妹にしたいのは卓球の伊藤美誠選手。
かわいいから。年齢的には娘の方がしっくりきますが。。。

上司にしたいのは競泳の平井ヘッドコーチ。
私も北島選手や萩野選手のように一流に育てほしい!

後輩にしたいのはレスリングの吉田沙保里選手。
ガツガツ仕事してくれそう。
でも、デザインはざっくりしてそうです。

友達にしたいのは柔道の松本薫選手。
野獣すぎておもしろいから。


などなど、ホントはもっといろいろあります。
選手の方々にはに申し訳ない話ですが、
私のささやかな楽しい妄想のお話でした。

スギ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«海の点々を描く